« 儲からないからやめなさい | トップページ | 傘の買いだめをしていませんか? »

2006年7月 2日 (日)

昔は本当に良かったか

昭和23年4月27日の「天声人語」(朝日新聞のコラム)に、「電車内の大和民族」と題して、電車内のマナーの悪さを嘆いているコラムがあります。例によって昔はよかったというトーンなのですが、頑固オヤジが「昔はよかった」と感じるのはいつの時代もかわらないようです。おそらく、記憶の中の昔は現実の昔とは違っていて、すべてが都合よく美化されているからではないでしょうか。

このコラムの中で興味深かったのは、この時代にも「婦人専用車」と称する女性専用車両があったらしいことです。その後なぜ消滅したかは書かれていません。おそらく利用者が少なく不人気だったからではないかと推測されます。

このコラムは朝日文庫の「天声人語」に収録されているはずで今でも読めます。興味のある人は本屋で立ち読みしましょう。「近ごろの若者は」などとしゃらくさいことをいう頑固オヤジがいたら、このコラムを読んでもらって深く反省してもらいましょう。

|

« 儲からないからやめなさい | トップページ | 傘の買いだめをしていませんか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/2466997

この記事へのトラックバック一覧です: 昔は本当に良かったか:

« 儲からないからやめなさい | トップページ | 傘の買いだめをしていませんか? »