« コンビニは堅調か? | トップページ | どうでもいい事をグデグデ書きます »

2006年7月25日 (火)

グータラなシンプルライフ

お金がないわけではないのですが、趣味としてあまりお金を使わないシンプルライフを楽しんでいます。3年前に引っ越してきた3DKのマンションはとにかくだだっ広いです。家具がほとんどないからです。ベットもソファもなくキッチンテーブルもありません。エアコンもないので今年の冷夏は非常に助かっています。

最寄の駅までは約1キロですが、車もバイクも自転車もありません。歩きます。電車は株主優待乗車証があるのでただです。おコメも株主優待品でまかなっています。ほとんど買ったことがありません。

これからの日本は少子高齢化と2極化の進行で一般庶民にとってはかなり厳しい社会になると思います。国の財政は借金漬けで、将来は公的な社会保障などあてにできなくなるかもしれません。こうした厳しい状況に対処するためには、若いうちからシンプルライフを心がけて、計画的にお金を貯めておくのがいいと思います。とくに事業欲や出世欲のないグータラな人は、せめてお金だけでも貯めておきましょう。シンプルライフに慣れ親しんでしまうと、お金が貯まっても無駄遣いはしなくなる思います。

浪費癖とグータラが同居している人は、どちらか一方から足を洗うべきです。浪費がしたかったら浪費する以上に稼ぐべきだし、グータラが好きならせめて生活は質素にすべきです。くれぐれもサラ金のお得意様になってしまわないよう気をつけましょう。

それから若いからといってフリーターは損です。働くなら正社員雇用でしっかりボーナスをもらいましょう。早期にリタイアしてグータラ生活を満喫するには、一定期間がむしゃらに働かざるをえない時期というのがあるものです。引力圏を脱出するまでの辛抱だと思って我慢しましょう。

シンプルライフを続けているとものの見方が変わってきます。たとえば、コンビニはまさに「便利さ」を売るお店ですが、「便利さ」を必要としない人にとってはただの高いお店です。コンビニは高いから利用しないという生活習慣が身についてくれば、シンプルライフもいよいよ筋金入りです。

厚生労働省は今年度の改定で最低賃金を0.5%引き上げる方針だそうです。引き上げられると、たとえば東京都の場合、これまでの714円が718円になります。高校生のアルバイトでも、これより低い時給で雇うと最低賃金法違反です。この最低賃金法が多くの国民の関心事になるような社会がすぐそこまでやってきている・・・と思います。なんだかなあ。

なお、上記の「シンプルライフ」はフィクションであり一部願望も含まれています。

|

« コンビニは堅調か? | トップページ | どうでもいい事をグデグデ書きます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/2792996

この記事へのトラックバック一覧です: グータラなシンプルライフ:

« コンビニは堅調か? | トップページ | どうでもいい事をグデグデ書きます »