« 味噌汁の作り方・その1 | トップページ | 「水木しげるのニッポン幸福哀歌」(水木しげる・角川文庫) »

2006年8月13日 (日)

テリー伊藤の名言

年をとると、髪の毛が薄くなったり、ごわごわになったりしてきます。白髪が増え、目が疲れやすくなり、朝起きると喉に痰がからまっていたりします。カーッ、ペッ!

どういうつもりなのか耳の穴に毛がはえてきます。胃腸が弱ってきて便秘気味になり、小便の切れも悪くなります。そして身体からは老臭がただよってきます。

老化現象は身体だけではありません。物覚えが悪くなり、物忘れが激しくなり、いつも霧がかかったように頭がボーッとしています。

両親すでになく、妻に逃げられ、子供に見捨てられ、兄弟とは音信不通の、ふるさとに帰れない孤独な独居老人がいたとします。こういう身寄りのない老人にとって、

 お盆とお正月ほど辛いイベントはありません。

日本中が幸せ芝居の真っ最中のときに、芝居に参加できない孤独な現実を思い知らされます。

お盆とお正月はしかたがないとしても、若い人の中にはクリスマスイブに人生でもっとも辛い思いをしたという人も多いのではないでしょうか?

以前、テレビでテリー伊藤がいっていました。

 「サザエさん」を見て傷つく子供だっているんだ!

まったくその通りだと思います。テリー伊藤って、風貌はへんてこりんだけど、たまにいいことを言いますね。

|

« 味噌汁の作り方・その1 | トップページ | 「水木しげるのニッポン幸福哀歌」(水木しげる・角川文庫) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/3047491

この記事へのトラックバック一覧です: テリー伊藤の名言:

« 味噌汁の作り方・その1 | トップページ | 「水木しげるのニッポン幸福哀歌」(水木しげる・角川文庫) »