« タイピングの記録を更新しました! | トップページ | 言葉のニュアンス »

2006年8月27日 (日)

「人生いろいろ」の島倉千代子ついて

島倉千代子というと、昔からずーっと着物のおばさんというイメージがあります。しかし、デビューは昭和30年でそのときは17歳でした。うーむ、若いころもあったんだ(あたりまえか)。17歳の島倉千代子が「この世の花」でデビューしたときは、おそらく天地がひっくり返るほどの大騒ぎだったのではないかと推測されます。なにしろ「この世の花」のセールスは200万枚を記録しています。まだレコードプレーヤーもそれほど普及していない時代に200万枚というのは驚異的数字です。今なら1000万枚以上のセールスに匹敵する空前の大ヒットだったのではないでしょうか。とにかく唱法が独特で、当時としては斬新なニュータイプの歌手だったのだと思います。

どこかで聞いていてなんとなく知っている曲が、実は島倉千代子の往年のヒット曲だったりすることがよくあります。昭和30年代の全盛期には、どんな曲でも島倉千代子が歌えば必ずヒットするというくらいのカリスマ的歌手だったのではないでしょうか。

いろいろ調べていて、思わず笑ってしまったのは、

 昭和31年 美空ひばり 「波止場だよお父つぁん」
 昭和32年 島倉千代子 「東京だよおっ母さん」

これは単なる偶然とは思えません。昭和30年代のこのふたりはよきライバルだったんでしょうね。

島倉千代子が現役で歌ってくれている間に何とか一度はコンサートにいってみたいと考えていますが、まあ今日のところはNHKの「のど自慢」(ゲスト出演)で我慢しておきます。

|

« タイピングの記録を更新しました! | トップページ | 言葉のニュアンス »

コメント

こんにちは。 大道芸観覧レポートという写真ブログをつくっています。 昭和33年のスターベストテンもとりあげています。 よかったら、寄ってみてください。 http://blogs.yahoo.co.jp/kemukemu23611

投稿: kemukemu | 2007年5月13日 (日) 20時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/3219684

この記事へのトラックバック一覧です: 「人生いろいろ」の島倉千代子ついて:

» CR ぱちんこ華王 美空ひばり とは? [パチンコ攻略情報]
美空ひばり(みそらひばり、1937年(昭和12年)5月29日 - 1989年(平成元年)6月24日)は、数々のヒット曲を歌い銀幕スターとして多数の映画に出演した、昭和の歌謡史を代表する日本の歌手かつ女優。女性としては初の国民栄誉賞も受賞している。 [続きを読む]

受信: 2006年10月10日 (火) 02時43分

« タイピングの記録を更新しました! | トップページ | 言葉のニュアンス »