« ぐーたら高校の甲子園大会 | トップページ | めざせ、グーグルの達人 »

2006年8月 4日 (金)

昭和30年代ブーム

グーグルで「昭和30年代ブーム」を検索したところ、このブログ(つれづれ日記)も表示されていました。お客さんの少ないブログでも検索にひっかかることがあるのだと知って、ちょっとびっくりしました。

なぜ検索したかというと、ひとつは、気になった本があったのにタイトルが思い出せなくて考えあぐねた末、「昭和30年代ブーム」で検索すれば見つかるだろうと思ってやってみたたわけです。もうひとつは、いつごろ何をきっかけにして「昭和30年代」のブームが始まったのかを調べたかったのです。探していた本は見つかりました(「同級生交歓」坪内祐三・文春新書)。しかし、「昭和30年代」については、「昭和」がブームとして注目されだしたのが2003年ごろかららしいということしかわかりませんでした。

ただ、思い当たるのは、2003年といえば中島みゆきの「地上の星」が突然バカ売れしたあの年です。「地上の星」の曲想が団塊の世代の琴線に触れたらしく、「この曲を聴いていると涙がとまらなくなる」という話をよく聞いたものです。この「地上の星」の突然のバカ売れ現象が、その筋の人たちに団塊の世代を狙うと商売になるということを気づかせたのではないでしょうか。

  地上の星 → 団塊の世代 → 昭和30年代

こういう流れで商業戦略上の重要なコンセプトとして「昭和30年代」が浮かびあがってきたのではないか・・・どうもそんな気がしています(間違っているかもしれません)。

|

« ぐーたら高校の甲子園大会 | トップページ | めざせ、グーグルの達人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/2926634

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和30年代ブーム:

« ぐーたら高校の甲子園大会 | トップページ | めざせ、グーグルの達人 »