« 健康の自己診断 | トップページ | 宇宙はすごいぞ »

2006年8月 9日 (水)

「同級生交歓」(文芸春秋編・文春新書)

この本には100組の同級生が紹介されています。ただ、若い人は登場しないし、すでに故人となってしまった人もいます。その世界では著名であってもよく知らない人も多いです。

そんな中で、これはすごいと思った同級生のベスト3を選んでみました。

1  青木昌彦    と 平尾昌晃     
2  都はるみ    と 太田治子     
3  小泉純一郎  と 栗本慎一郎      

番外 青島幸男  と すぎやまこういち

同級生というのは、単なる同窓ということではなくて、同学年でしかも同じ教室でいっしょに机を並べていたクラスメートのことです(あたりまえ?)。意外な組み合わせに何か笑えてくるものがありますね。

|

« 健康の自己診断 | トップページ | 宇宙はすごいぞ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/2997156

この記事へのトラックバック一覧です: 「同級生交歓」(文芸春秋編・文春新書):

« 健康の自己診断 | トップページ | 宇宙はすごいぞ »