« テリー伊藤の名言 | トップページ | 魏志倭人伝ごっこ »

2006年8月14日 (月)

「水木しげるのニッポン幸福哀歌」(水木しげる・角川文庫)

この短編集はちょっと変です。何が変かというと、いつもの(?)水木マンガとは異質の「美女」が登場するのです。ベッドシーンが出てきたりもします。

たとえば「雨女」という作品では、お爺さんが山奥の一軒家でうら若い美女と知り合いになって、いっしょにお風呂に入ったりします。興味津々で続きを読んでいくと・・・なんじゃこりゃ。オチがどうしょうもないオチになっています。最後の1ページが余ってしまってどうにもこうにもの苦し紛れといった感じです。こういう安易なオチは普通ならぶっ飛ばしもんですが、水木しげるのマンガだと思うと、「たまにはこーゆーのもいいか」という気がしてきます。どんなオチでも水木しげるのファンならすべて善意に解釈して、

 「なるほど、そういうことだったのか!」

と思ってしまうのかもしれません。水木しげるのマンガは内容以前にご本人の独特のキャラクターでずいぶん得をしていると思います。

|

« テリー伊藤の名言 | トップページ | 魏志倭人伝ごっこ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/3052676

この記事へのトラックバック一覧です: 「水木しげるのニッポン幸福哀歌」(水木しげる・角川文庫):

« テリー伊藤の名言 | トップページ | 魏志倭人伝ごっこ »