« 漁夫の利 | トップページ | 勝敗を超越した試合 »

2006年8月20日 (日)

甲子園最終決戦

ベスト4が決まったとき、何とか鹿児島工に優勝して欲しいと思っていました。鹿児島工が一番高校生らしくて爽やかなチームだったと思います。でも、やっぱりちょっと無理でしたね。負けても笑顔の選手がいましたが、強豪チームを相手に力の限り戦った大満足のベスト4だったと思います。

今大会を振り返ってみると、最初から決勝戦は駒大苫小牧と早実で戦うことがあらかじめ決まっていたような、何か運命的なものを感じます。「偶然が積み重なるとやがて必然に転化する」と、昔の人が言ったかどうかは知りませんが、なにはともあれ、絵に描いたような強豪同士の激突だと思います。

駒大苫小牧の田中君はその日によって好不調の波が激しいような気がします。でも、多少調子が悪くてもあの決め球のスライダーはそう簡単には打てないと思います。準決勝のロングリリーフは予定外だったかもしれませんが、ここは気迫で頑張ってもらいたいです。

早実の斎藤君は最初からストレートで勝負すると後半捕まる恐れがあります。前半はスライダーでかわして、後半ストレートでぐいぐい押していくようなピッチングをして欲しいです。斎藤君は連投の疲れが心配ですが、まだ本気は出してないような気がします。150キロ級の速球をビュンビュン投げて、「本気をだしたらこうだ」というようなピッチングをしてほしいです。

打撃戦になれば駒大苫小牧が有利、投手戦になれば互角と見ていますが、コントロールがよくて追い込んでから決め球のスライダーで三振がとれるという点で、両校のエースはどうも似たようなタイプのピッチャーのように感じます。大味な打撃戦よりも、ここは最終決戦に相応しい息詰まる投手戦を期待したいです。

|

« 漁夫の利 | トップページ | 勝敗を超越した試合 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/3128888

この記事へのトラックバック一覧です: 甲子園最終決戦:

« 漁夫の利 | トップページ | 勝敗を超越した試合 »