« 株主優待について | トップページ | ドトールコーヒーの新製品 »

2006年9月 1日 (金)

なぜ人を殺してはいけないか

「明日があるさ」(重松清・朝日文庫)を読んでいたら、「なぜ人を殺してはいけないか」というタイトルのエッセイが出て来ました。テレビの討論番組で突然「なぜ人を殺してはいけないか」という質問を発した高校生がいて、いろいろ話題になっていたころのエッセイです。この問いに対する重松清の回答という感じになっていますが、この問いは、あまり難しく考える必要はないと思います。質問した高校生もタダ何となく聞いてみただけで、特に深い意味はなかっただろうと思います。

なぜ人を殺してはいけないか、これは逆を考えてみればすぐわかることです。つまり、殺人か日常的に横行していて罪に問われることのない社会を想像してみればいいのです。

気に入らない奴はすぐ殺してしまう、むかついたからといって殺す、いくら殺しても罪に問われることはなく、大切な人を殺されて嘆き悲しむ人々が氾濫している社会、しかも自分がいつ殺されるかわからない社会、そんな社会が人間にとって幸せな社会であるわけがありません。

殺人が法律で厳しく禁止されている現在の社会と殺人が罪に問われることなく日常的に横行している社会のどちらがいいか・・・考えるまでもないことです。

普通の高校生が(テレビという)公の場でこういう問いを発するということは、社会の最低限のルールさえきちんと教えていない教育のあり方のほうに何か問題があるのではないでしょうかね。

|

« 株主優待について | トップページ | ドトールコーヒーの新製品 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/3278452

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ人を殺してはいけないか:

» なぜ人を殺してはいけないのか◆入門編[前] [D.D.のたわごと]
いや〜,7月中どころか,お盆を過ぎてようやくのUpになってしまいました。 2月16日にUpしたなぜ人を殺してはいけないのか, 挑発的な表現ながら自分ではとても穏当で常識的な話を書いたつもりだったのですが これに対して批判コメント&誹謗ブログ記事をいただきまして 冒頭の表現で読む人をカチンと怒らせてしまうと, 文章全体の意図が正しく(思惑通りに)伝わらないことがあること,そして, 「なぜ人を殺してはいけ... [続きを読む]

受信: 2006年9月 2日 (土) 12時35分

« 株主優待について | トップページ | ドトールコーヒーの新製品 »