« ライブドア裁判・悪運の強い男 | トップページ | 「ありがとう」といわなかった丹波義隆 »

2006年9月29日 (金)

人名にどのような敬称をつけるか?

作文をしていて、いつも迷うのは人の名前についてです。敬称をどうすべきか迷うのです。全然面識のない人に○○さんというのも馴れ馴れしいし、かといって呼び捨てにするのも若干抵抗があったりします。○○氏というのもなんだか慇懃無礼な感じです。

そこで気がついたのは、芸能人やタレント、あるいは作家や政治家といった有名人は、名前そのものにすでに敬意が含まれているのではないかということです。ビッグネームになればなるほどそういう感じがします。

例えば、「吉田拓郎」のことを「吉田拓郎さん」といったり「吉田拓郎氏」といったりするとかえって変です。

 「わざわざ敬称をつけてもらうほど落ちぶれちゃいない」

といった感じでしょうか。そこで、

 「有名人の名前に敬称はいらない。むしろ敬称をつけないことがビッグネームに敬意を表することになるんだ」

という結論に達しました。典型的な例は歴史上の人物です。歴史に名を残すほどの「有名人」に、わざわざ織田信長さんとか徳川家康氏とか言いませんよね。

|

« ライブドア裁判・悪運の強い男 | トップページ | 「ありがとう」といわなかった丹波義隆 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/3622632

この記事へのトラックバック一覧です: 人名にどのような敬称をつけるか?:

« ライブドア裁判・悪運の強い男 | トップページ | 「ありがとう」といわなかった丹波義隆 »