« ライバル・相手がいなければ今の自分はない | トップページ | NHK富山放送局長が5千円相当を万引 »

2006年10月 5日 (木)

ライブドア裁判・金を借りるとはどういうことか

借用証書のないお金のやりとりは、「貰った(あげた)」または「恐喝した(恐喝された)」または「盗んだ(盗まれた)」などというのではないでしょうか。

貸したほうは貸しっぱなしで、借りたほうは借りっぱなし。金利もなければ、返済期限の約束もない。1000円、2000円の話じゃないんだから本当に借りたんなら借用証書がないとおかしいです。

ライブドア裁判はきのうから中村長也被告への弁護側の反対尋問が始まりました。その模様を共同通信は次のように伝えています。

中村被告は「PTIへの送金は野口さんへの報酬で、その中から野口さんの了承を得て約4000万円を借りた。(宮内被告と)半分にわけ、1300万円くらいを生活費に使ったと記憶している」と証言した。残りはLDの役員に貸したという。

 野口さんへの報酬について、中村被告が「堀江さんの了承を得ていた」と述べた際、堀江被告は違うとばかりに「おーい」と口走り、被告席でのけぞった。

こうなってくるともう爆笑・ライブドア裁判ですね。信憑性のない証言をする中村被告は検察側の証人というよりもむしろ弁護側の証人ではないかと思えてきます。何だか馬鹿馬鹿しくなってきました。

|

« ライバル・相手がいなければ今の自分はない | トップページ | NHK富山放送局長が5千円相当を万引 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/3695167

この記事へのトラックバック一覧です: ライブドア裁判・金を借りるとはどういうことか:

« ライバル・相手がいなければ今の自分はない | トップページ | NHK富山放送局長が5千円相当を万引 »