« ライブドア裁判・「無罪を、しからずんば実刑を!」 | トップページ | ちょっと気になる話 »

2006年10月20日 (金)

2006年10月16日の物価

スーパーで買い物をするとレシートをくれます。16日の買い物は以下の通りでした。

食パン・超芳醇6枚       119円
野菜ジュース・200ml       69円×4
焼豚・85g               209円
メンマ・110g              100円
麦とろ納豆・50g×3        99円
フィリピン産バナナ・3本     179円
絹豆腐・300g             45円
生ラーメン・3食入り        139円
冷凍ギョーザ・12個入り    170円×2
コーヒーミルク・5ml×20    100円
焼き鳥お買い得パック・5本  398円
レジ袋                   6円

あんまり買いすぎるとレジ袋(有料)に入りきらなくなるので、だいたい1回の買い物は2000円前後にしています。

このお店は近隣のスーパーの中でも特に格安です。特売でなくても安いです。ただ、生鮮食品は鮮度管理に難点があるようでやや購入意欲が減退します。村上春樹がどこかの小説の中で「明治屋のレタスは長持ちする」という話をしていました。何度も出てくるので印象に残っているのですが、これは気のせいではなくて、おそらく鮮度管理がしっかりしているからだと思います。わが近隣のスーパーの中では、ヨーカ堂の野菜が一番長持ちするような気がします。生鮮食品だけは回転率が良くて鮮度管理のしっかりしたお店で買わないと、せっかく安く買っても冷蔵庫の中で腐らせてしまいます。スーパーがどんなに増えても、生鮮食品を扱う八百屋さんや魚屋さんなどの個人商店が元気なのは、鮮度で勝負できるからではないかと思っています。特に八百屋さんの場合、近くの畑で採れた野菜なら、産地直送どころかそのまま堂々の産地販売です。裏通りの立地の悪いお店でも野菜だけはあそこで買おうということで繁盛しているお店もあります。

|

« ライブドア裁判・「無罪を、しからずんば実刑を!」 | トップページ | ちょっと気になる話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/3891120

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年10月16日の物価:

« ライブドア裁判・「無罪を、しからずんば実刑を!」 | トップページ | ちょっと気になる話 »