« お弁当の好きなおかずをいつ食べるか | トップページ | ライブドア裁判・ホリエモンと機関銃 »

2006年11月21日 (火)

「セーラー服と機関銃」

TBSの連続テレビドラマ「セーラー服と機関銃」は、女子高生(長澤まさみ)がヤクザの組長になって最後に機関銃をぶっ放すというお話です(昔、薬師丸ひろ子で大ヒットした映画のテレビ版)。

現実にはありえない荒唐無稽なお話ですが、このドラマを観ていて涙が止まらないほど感動したという人がいるかもしれません。そういう人は「昭和残侠伝」シリーズや「網走番外地」シリーズなど、本物(?)のヤクザ映画もぜひ観てほしいです。カルチャーショックを受けるくらい感動すると思います。なにしろ高倉健のヤクザ映画は大人が観ても、

  「いいぞ、健さん!やっちまえ!!」

とスクリーンに向かって絶叫してしまうくらい興奮する映画だった(らしい)です。ひょっとしたら「セーラー服と機関銃」にストーリーがそっくりの映画が見つかるかもしれません。ちなみに「網走番外地」の主題歌は、(理由はわかりませんが)放送禁止になっています。

なにはともあれテレビドラマは今週の金曜日が最終回です。昔の映画では、クライマックスの機関銃をぶっ放すシーンだけでなく、最後に薬師丸ひろ子が赤いハイヒールを履いて新宿(?)の雑踏を歩くシーンも印象的でした。今回はどのようにラストをしめくくるか注目したいです。

|

« お弁当の好きなおかずをいつ食べるか | トップページ | ライブドア裁判・ホリエモンと機関銃 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/4261321

この記事へのトラックバック一覧です: 「セーラー服と機関銃」:

« お弁当の好きなおかずをいつ食べるか | トップページ | ライブドア裁判・ホリエモンと機関銃 »