« 「貸本マンガRETURNS」(貸本マンガ史研究会編・ポプラ社) | トップページ | 学校長の自殺 »

2006年11月13日 (月)

目黒のさんま

「ちい散歩」(テレビ番組)での出来事です。 地井武男が目黒を散歩してさんまの塩焼きを食べていました。さんまの塩焼きは大根おろしで食べるものだと思っていましたが、地井武男の食べ方はちょっと違っていました。大根おろしは相手にせず、しょう油をぶっかけて、まずはらわたを小骨ごとぜんぶたべてしまいました。さんま屋(?)のご主人が「小骨があるから」と注意しても聞いちゃいません。次に身を食べるのですが、食べ終わると残ったのは頭と大骨と尻尾だけでした。こんなに綺麗にさんまを食べる人は見たことありません。豪快で鮮やかな食べっぷりにさんま屋のおかみさんも嬉しいやらあきれるやら複雑な心境のようで、ここはもう拍手するしかないといった感じでした。

1.大根おろしはいらない
2.しょう油をぶっかける
3.はらわたも残さず全部食べる

この地井式さんまの食べ方が本当の通の食べ方なのかもしれません。

|

« 「貸本マンガRETURNS」(貸本マンガ史研究会編・ポプラ社) | トップページ | 学校長の自殺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/4168587

この記事へのトラックバック一覧です: 目黒のさんま:

« 「貸本マンガRETURNS」(貸本マンガ史研究会編・ポプラ社) | トップページ | 学校長の自殺 »