« 耐震偽装問題・大臣認定プログラムについて | トップページ | にわかファンです。 »

2006年11月 4日 (土)

「市場浄化」(田原総一朗・講談社)

ライブドア事件に関して、これまで出版された本や雑誌のいいとこ取りをしてまとめたという感じの本です。内容的に新鮮味は乏しいですが、「田原総一朗」のクレジットで出版されたという影響は大きいと思います。この本によって、すでに過去の事件だと思っていたライブドア事件に一般的な関心が高まるかもしれません。新聞やテレビが報道しなかった(できなかった?)ライブドア事件の全貌を知るなら、夥しい関連本を苦労して読まなくてもこれ一冊で十分だと思います。

本の内容はライブドア事件だけでなく多岐に渡っています。何だか無理やり一冊の本を作りあげたという感じがしないでもないですが、それはそれとして、この時期、堀江被告や村上被告の弁護側を何とかこの本によって援護射撃したいという意図があるのかもしれません。

正直言って、これまで田原総一朗はあまり好きではありませんでした。でも、この本でちょっと見直してしまいました(姿勢を)。

|

« 耐震偽装問題・大臣認定プログラムについて | トップページ | にわかファンです。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/4064560

この記事へのトラックバック一覧です: 「市場浄化」(田原総一朗・講談社):

« 耐震偽装問題・大臣認定プログラムについて | トップページ | にわかファンです。 »