« 12月のまとめ | トップページ | 廃れてしまった言葉・えんがちょ »

2007年1月 4日 (木)

2006年の年間騰落率です

日経平均      6.92%
TOPIX        1.90%
大型株        6.91%
中型株      ▼2.18%
小型株     ▼12.22%

東証2部    ▼19.34%
ジャスダック  ▼21.04%
マザーズ    ▼56.34%
ヘラクレス   ▼51.92%

2006年の株式相場は、トヨタ、キャノンなどの国際優良株が上場来高値を更新する一方で、新興市場はまさに土砂降り状態でした。2極化相場だった去年の実態を規模別、市場別の騰落率が如実に物語っていると思います。

年間で3割以上も下落するような相場環境で株式投資(投機?)をするなら馬券を買っていたほうがましだという意見もあります。まさにマザーズやヘラクレスなどの新興市場は馬券どころか宝くじ並みでした。

さて、今年の株式相場はどんな展開になるのでしょうか。これを予測するのは難しいですが、とりあえず参考データです。

純資産倍率(倍・前期基準)
      2006年末 2005年末
日経平均    2.12   2.48
東証1部    1.96   2.32
東証2部    1.24   1.94
ジャスダック  1.63   2.68

予想PER(倍)
日経平     20.01  22.91
東証1部   21.28  23.57
東証2部   17.89  25.65
ジャスダック 23.81  47.06

予想配当利回り(%)
日経平均.   1.02   0.89
東証1部    1.19   0.94
東証2部    1.41   1.07
ジャスダック  1.55   1.10

引き続き去年の流れが続くのか、それともそろそろ潮目が変わるのか、なんとも微妙な感じです。株式投資の格言に「もうはまだなり、まだはもうなり」というのがあります。うまいことを言ったものです。要するに

  よくわからん

ということですね。

|

« 12月のまとめ | トップページ | 廃れてしまった言葉・えんがちょ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/4789228

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年の年間騰落率です:

« 12月のまとめ | トップページ | 廃れてしまった言葉・えんがちょ »