« 再燃する耐震偽装問題・マンションの安全性 | トップページ | バナーズ関連銘柄・敵は本能寺か? »

2007年1月29日 (月)

「新平家物語」(講談社吉川英治文庫)

去年の今頃、どういうわけか吉川英治の「新平家物語」を読んでいました。

人間関係が複雑で多くの人物が登場してくる小説は、誰が誰なのか、普通に読んでいると混乱してくることがよくあります。なかには、登場人物は田中と鈴木と佐藤と山田の4人だけなのに、名前以外の特徴がはっきりしないため、誰が田中で誰が鈴木なのかわけがわからなくなってしまう小説もあります。小説の展開を理解するために、読みながらノートにメモをとらなくてはならない場合もあったりします。

でも、「新平家物語」にはそれがありません。平のなんとかやら源のなんとかやらが次から次へと登場してくるにもかかわらず、混乱することなく読めます。それから地理的な情景描写がまるで見てきたようにリアルです。いや、実際に見てきたようです。小説に登場する場所は必ず行って取材をしていて、この小説を書くために吉川英治は日本全国を歩きまわったようです。

    諸行無常とはなにか?

この「諸行無常」を頭で理解するのではなく、歴史の流れの中に実感したいと思ったら、この小説を読むのが最短コースだと思います。でも長いです(全16巻)。

|

« 再燃する耐震偽装問題・マンションの安全性 | トップページ | バナーズ関連銘柄・敵は本能寺か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/5127857

この記事へのトラックバック一覧です: 「新平家物語」(講談社吉川英治文庫):

» 新・平家物語 [DVD レンタル Check]
新・平家物語 [続きを読む]

受信: 2007年2月16日 (金) 14時55分

« 再燃する耐震偽装問題・マンションの安全性 | トップページ | バナーズ関連銘柄・敵は本能寺か? »