« 色っぽくない話 | トップページ | 不二家・消費期限切れの牛乳使用問題 »

2007年1月11日 (木)

武士道精神は尊いか?

去年は「国家の品格」(藤原正彦著・新潮新書)という本が大ベストセラーとなりました。個人的にこーゆー本は大嫌いです。

負け組つまりフリーターに象徴されるような下流社会に属する若者(ばか者?)が、なぜ弱肉強食を標榜する「小泉構造改革」を熱狂的に支持したのか、その本質的問題が棚上げされているからです。だいたい国家に品格がないのは太古の昔からで最近始まったことではないと思うのですがね。

武士道がいかに馬鹿げているかは、森鴎外の「安部一族」でも読んでみるといいです。封建道徳に縛られた武士の生き様など今となっては抱腹絶倒の笑い話に過ぎません。

|

« 色っぽくない話 | トップページ | 不二家・消費期限切れの牛乳使用問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/4889860

この記事へのトラックバック一覧です: 武士道精神は尊いか?:

« 色っぽくない話 | トップページ | 不二家・消費期限切れの牛乳使用問題 »