« 外務省背任訴訟で佐藤優被告が上告 | トップページ | 夕張市の財政破綻は日本の将来を暗示しているか? »

2007年2月 2日 (金)

年間上昇率ナンバーワン銘柄を追う・その1

とりあえず1月の株価上昇率ベスト10は次の通りでした(東証1部銘柄)。

     コード 上昇率(%) 銘 柄
 1. 9972    44.7  アルテック  → フェニックス・キャピタルが筆頭株主
 2. 6766    36.3  宮越商事   → 無配 
 3. 6519    35.4  エネサーブ  → 営業大赤字、特損発生
 4. 5913    33.9  松尾橋梁   → 橋梁株
 5. 8606    32.5  新光証券   → みずほ証券と合併予定・タカさん推奨
 6. 6764    31.1  三洋電機   → 評価は困難
 7. 8268    30.9  西友     → ウォルマート傘下
 8. 9947    29.5  イマージュ  → 赤字
 9. 5911    29.0  横河ブリッジ → 橋梁株
10. 3730    28.5  マクロミル  →

この10銘柄が目下の先頭グループです。思惑がらみの一過性の材料で上げている銘柄も多く、すでに失速している銘柄もあります。今後1カ月ごとにチェックする予定ですが、2月末には先頭グループが総入れ替えになっているかもしれません。

業績面で比較的まとも(?)と思える銘柄はマクロミルですが、あまりにも美しすぎる業績推移に、逆に不信感が沸いてきます。新興銘柄だけになぜかアイ・エックス・アイを連想してしまうのです。中間決算に問題がなければ今が買い時とも言えそうですが、やはり怖いです。マクロミルのIRスケジュールによれば、2月9日が中間決算発表で、2月14日に中間決算説明会が予定されています(12月決算銘柄)。

|

« 外務省背任訴訟で佐藤優被告が上告 | トップページ | 夕張市の財政破綻は日本の将来を暗示しているか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/5176980

この記事へのトラックバック一覧です: 年間上昇率ナンバーワン銘柄を追う・その1:

« 外務省背任訴訟で佐藤優被告が上告 | トップページ | 夕張市の財政破綻は日本の将来を暗示しているか? »