« イーエムシステムズ・最近の株価の動き | トップページ | 平成のオヤジ殺し »

2007年2月23日 (金)

物価を上昇させる方法

「国民がいくらでも借金ができて、返済できなければ踏み倒してもかまいません」ということにすれば物価はいくらでも上がると思います。

物価を決める要因はいろいろあると思いますが、経済学の理論では貨幣数量説(通貨の量が物価を決める)というのが有力なようです。「物価とは貨幣的現象に過ぎない」などという言われ方がされたりもします。

でも、日本にいるとこの貨幣数量説というのがどうもピンときません。むしろ「物価水準は所得水準で決まる」といったほうが実感がわきます。

たとえば時給1000円の世界でハンバーガーが1個100円だったとします。時給が1万円に上がればハンバーガーの値段が1000円になっても不思議はありません。ところが時給は1000円のままでハンバーガーの値段だけを1個1000円にしようとしてもそれは無理というものです。

デフレを克服したいと思ったら政策担当者はまず国民の所得水準を上げる政策を考えるべきではないでしょうかね。

所得水準が上がっていないのに貨幣の流通量だけを強引に増やせば、過剰流動性が発生して、物価は上がらずに資産価格(土地や株の値段)だけが実態から乖離して上がり始めることになるのではないでしょうか。現在の日本のように。

|

« イーエムシステムズ・最近の株価の動き | トップページ | 平成のオヤジ殺し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/5455284

この記事へのトラックバック一覧です: 物価を上昇させる方法:

« イーエムシステムズ・最近の株価の動き | トップページ | 平成のオヤジ殺し »