« ライブドア裁判・熊谷被告も控訴 | トップページ | 配当権利落ち日 »

2007年3月25日 (日)

桜のマンガ

いよいよ桜の季節がやってきました。

お花見と称して桜の木の下で宴会をやっている連中がいますが、あのドンちゃん騒ぎは桜に対する冒瀆ではないでしょうか。

  桜を何だと思っておるのか!

  花より団子なら団子屋に行け、馬鹿タレ!

頑固オヤジの暴言はともかくとして、何か変だと思いながらも慣習に従うのが協調性というものです。凡庸なサラリーマンにとってはお花見が忠誠心と協調性を発揮する絶好の機会になっているのかもしれません。まあ、桜の花にしみじみともののあわれを感じるようになるには歳をとらないと無理ですかね。

全国各地に桜の名所はいろいろありますが、それはそれとして、個人的には、昼下がりの青空をバックに人気(ひとけ)のない裏通りなどでひっそりと咲いている桜が好きです。夜桜もいいですね。あと、なぜか坂道に咲いている桜も風情があります。

マンガにも桜はよく出てきますが、桜が効果的に使われているマンガというと、大正ロマンの「赤色エレジー」(林静一)がまず想い浮かびます。やたらと桜吹雪の出てくるマンガです。「赤色エレジー」は一般的にも桜のマンガ(そんなジャンルあったか?)として有名(?)ですが、個人的に、もうひとつ忘れることの出来ないマンガがあります。ちばてつやの「123と45ロク」です。このマンガがどういうストーリーだったのか話の内容はすっかり忘れてしまいましたが、それでも、ラストに桜並木のシーンが出てくることだけははっきりと覚えています。桜の季節は出会いと別れの季節です。後講釈で口幅ったくいえば、このマンガでは、過ぎゆく時の流れと春爛漫の桜並木の対比が実に見事でした。桜並木というといまだにあのシーンを思い出します。物語の細部は忘れてしまっても感動の記憶は残ります。おそらく喜怒哀楽を超えた「もののあわれ」という不思議な情感を子供心に初めて感じたのがこのマンガだったと思います。

|

« ライブドア裁判・熊谷被告も控訴 | トップページ | 配当権利落ち日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/5813667

この記事へのトラックバック一覧です: 桜のマンガ:

« ライブドア裁判・熊谷被告も控訴 | トップページ | 配当権利落ち日 »