« ライブドア裁判・運命の日 | トップページ | ライブドアと日興コーディアル »

2007年3月16日 (金)

堀江被告に懲役2年6ヵ月の実刑判決

「万引きで死刑」とはうまいことをいったものです。この理不尽な判決にはホリエモンに批判的だった人でも唖然としているのではないでしょうか。裁判所が検察のポチであることがよーくわかりました。裁判所って、当局が捕まえてきた下手人を当局が裁いていた江戸時代の奉行所と本質的に同じなんですね。

 よう、遠山の金さん!

と、裁判長には嫌味を言っておきたいと思います。なんだか自分が有罪になったみたいで憂鬱な気分です。

1.自白します
2.反省ます

検察に目をつけられたら、無実だろうと何だろうとこういう態度をとることが処世術らしいです。あきれたもんだぜサマータイム。

|

« ライブドア裁判・運命の日 | トップページ | ライブドアと日興コーディアル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/5706269

この記事へのトラックバック一覧です: 堀江被告に懲役2年6ヵ月の実刑判決:

« ライブドア裁判・運命の日 | トップページ | ライブドアと日興コーディアル »