« 小谷真生子キャスター再婚 | トップページ | 「昭和史の教訓」(保坂正康・朝日新書) »

2007年4月30日 (月)

年間上昇率ナンバーワン銘柄を追う・その4

昨年末から4月末まで、4ヵ月間の株価上昇率ベスト10です(東証1部)。

順位   コード  上昇率(%) 銘 柄
 1    9358  94.92  宇徳運輸   原発関連
 2    7004  92.86  日立造船   原発関連・継続企業の前提に疑義
 3    6378  83.56  木村化工   原発関連
 4    8565  83.00  三洋電クレ  TOB・監理銘柄
 5    8841  80.50  テーオーシー TOB・監理銘柄
 6    1890  67.12  東洋建設   羽田空港の拡張工事・海洋土木
 7    5541  64.95  太平金    ニッケル高騰
 8    4295  63.31  フェイス    インテルと吉本興業が出資
 9    5480  59.22  冶金工    ステンレス株
10    9706  57.97  日空ビル   羽田空港の拡張工事

ベスト3を原子力関連が独占してしまいました。ただ、原子力関連もこの1ヶ月は足踏み状態といった感じで全体的にあまり大きな変動はありませんでした。この中ではフェイスが大穴かもしれません。唯一の情報・通信関連銘柄ですが、月足チャートでみると株価はすでに3年間下がり続けています。ただ、日足チャートでみると、直近の2ヶ月はほぼ横ばいです。上がらないように売っているのか、下がらないように買っているのかよくわかりませんが、いかにも不自然です。今期の業績見通し次第では急騰(または急落)するのではないでしょうか。決算発表は5月11日です。

今のところ目立つのは、

1.М&A関連 
2.原発関連 
3.ステンレス関連  
4.羽田空港関連 

こんなところです。

|

« 小谷真生子キャスター再婚 | トップページ | 「昭和史の教訓」(保坂正康・朝日新書) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/6261177

この記事へのトラックバック一覧です: 年間上昇率ナンバーワン銘柄を追う・その4:

« 小谷真生子キャスター再婚 | トップページ | 「昭和史の教訓」(保坂正康・朝日新書) »