« 選抜高校野球・ベスト4 | トップページ | 吉川英治の小説の世界・人間賛歌 »

2007年4月 3日 (火)

選抜高校野球・決勝戦

きのうの準決勝は2試合ともどちらが勝ってもおかしくないゲームでした。敗退した熊本工と帝京は本当に残念でした。勝負に「れば」「たら」は禁句ですが、熊本工は9回にまさか(多少予感はあった?)の逆転負け、帝京は初回にまさかの大量失点、

   「どうして・・・」

と、つい言いたくなってしまいます。でも、帝京の高島投手はまだ2年生。今後が楽しみですね。

決勝戦に進んだ常葉菊川と大垣日大には、勝敗はともかく決勝戦にふさわしい白熱したゲームを期待したいです。ポイントは大垣日大・森田投手がどこまで踏ん張れるかです。疲れているだろうなあ・・・。

|

« 選抜高校野球・ベスト4 | トップページ | 吉川英治の小説の世界・人間賛歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/5956973

この記事へのトラックバック一覧です: 選抜高校野球・決勝戦:

« 選抜高校野球・ベスト4 | トップページ | 吉川英治の小説の世界・人間賛歌 »