« 1:1.687 | トップページ | 小谷真生子キャスター再婚 »

2007年4月28日 (土)

ファイナルファンタジー生誕20周年

去年のことです。たまたま秋葉原のヨドバシカメラの前を通ったら、その日はファイナルファンタジー12の発売日で入口のところでキャンペーンをやっていました。「おお懐かしい」と思ってついふらふらと買っていました。買っただけでしばらくはやるきもせずにほったらかしにしていたのですが、せっかく買ったのにやらないともったいないです。めんどうでもPS2を引っ張り出してきて、どんなものかとやってみることにしました。

最初は「なんじゃこれは?」と思いましたが、途中で「ん?ひょっとしてこれ面白いんじゃないの」という気になってきて最後は完璧にハマっていました。RPGはとかく経験値稼ぎでバトルを繰り返すのがかったるかったりすることが多いのですが、このゲームは経験値稼ぎに苦痛を感じなかったです。いろいろ工夫がされていてフィールドをさまようこと自体が面白いのです(一気にワープできる場所でものんびり歩いていこうかという気になります)。ゲームをやっていて気がついたら夜が明けていたという経験は近年久しくなかったのですが、このゲームでは久しぶりにRPGの面白さを堪能させてもらいました。

ところが、FFファンの間ではFF12の評判は散々でした。セールスもFFシリーズとしては近年になくボロボロだったようです。目立ったのは、「こんなのオンラインゲームの焼き直しだ」という冷ややかな批判でした。でも、オンラインゲームのFFを知らなければそういうことはどうでもいいことです。だいたいオンラインゲームはハマると廃人になるという噂があります。これ以上面白かったらちょっとヤバイです。「廃人にならない程度に面白いゲームを提供してくれた」ということでいいのではないでしょか。

それからFF12をやっていて、ひとつ発見したのは、このゲームは長時間やっていても目が疲れないということです。おそらくバトルモードへの画面の切り替えがないからではないかと思います。若い人にはこのありがたさはピンとこないかもしれません。しかし、近視と乱視と遠視が共存していて、長時間画面を見ていると目が霞んできてしまう年寄りにとっては目が疲れないバトルシステムというのは実にありがたいです。こんなところにもFF12が楽しめた要因があったのかもしれません。

さて、ゴールデンウィークを前にFF12の続編(?)がDSで発売されたようです。その華麗な音楽と映像はここでチラッと見れます。
      ↓
http://www.square-enix.co.jp/ff12rw/

FF(特に最近の)は携帯ゲームには向いてないのではないかと思うのですが、どんなゲームなんでしょうかね。しばらく様子を見てセールスが100万本を超えるようならやってみたいと思います(とかなんとかいいながら、気がついたらやっていたりするかも)。

「いい年してテレビゲームかよ」と馬鹿にしてはいけません。ドラクエとFFにはいい年していても人知れずこっそり楽しんでいる隠れファンがけっこういるものです。たとえば、あの若大将の加山雄三もファイナルファンタジーのファンらしいです。

|

« 1:1.687 | トップページ | 小谷真生子キャスター再婚 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/6233150

この記事へのトラックバック一覧です: ファイナルファンタジー生誕20周年:

» テレビゲーム [テレビゲーム]
テレビゲームは、今となっては沢山種類がありますね。ニンテンドーDS・プレステ3(PS3)・Wii他。テレビゲームのジャンルも野球・サッカー・格闘などなど [続きを読む]

受信: 2007年5月 1日 (火) 18時57分

» FFT獅子戦争 キャラクター能力攻略 [FFT(ファイナルファンタジータクティクス)獅子戦争 総合データ&攻略]
キャラクターの能力HP/MP 本作には防御力の数値が無いため、HPは数値そのものがキャラの防御力を表している。ジョブによって大きく変化し、装備品によって上昇する割合が大きい。 AT 攻撃力。物理ATと魔法ATがある。ジョブによって大きく変化する。 EV 回避率。C-EV、S-EV、A-EVの3種類があり、それぞれに物理EVと魔法EVが設定されている。3種類のEVの総合値がそのキャラクターの回避率になり、リアクションアビリティに「装備武器ガード」がセットされていた場合は、装備し...... [続きを読む]

受信: 2007年6月 1日 (金) 01時14分

« 1:1.687 | トップページ | 小谷真生子キャスター再婚 »