« 選抜高校野球・ベスト8 | トップページ | 選抜高校野球・ベスト4 »

2007年4月 1日 (日)

年間上昇率ナンバーワン銘柄を追う・その3

昨年末から3月末まで、3ヵ月間の株価上昇率ベスト10です(東証1部)。

       コード     上昇率(%)  銘 柄
 1(ー)  6378       122.26   木村化       原発関連
 2(ー)  9937       107.78   セシール       
 3( 7)  9358         95.43   宇徳運輸   原発関連・増配
 4( 1)  7004         83.93   日立造     原発関連・増額
 5(ー)  9448         83.08   インボイス   四季報が上方修正
 6(ー)  8565         81.87   三洋電クレ  米GEがTOB(買取価格3250円!)
 7(ー)  8245         77.14   丸栄       業界再編、M&A観測
 8(ー)  3882         66.26   紀州紙    
 9( 3)  5491         58.06   日本金属   ステンレス株
10( 4)  8707         57.91   岩井証券   ?

目立つのは原発関連銘柄と相変わらずのM&A関連銘柄です。

宇徳運輸などは強引に原発関連ということになっていますが、原発関連ではランキング外でも日本製鋼所(12位、52.37%)、三菱重工(26位、40.85%)など上昇が目立ちます。

3月16日付株式新聞は原発関連31銘柄をリストアップし、中核銘柄として、三菱重工、日立、東芝、それに続く注目銘柄として日本製鋼所(原発部材の世界シェア8割)、日本バルカー工業(シール)、横河電機(制御機器)などを挙げています。

石油の代替エネルギーとして世界的な原発需要の高まりは、原発先進国の日本にとっては大きなビジネスチャンスです。しかもこれは1,2年で終わりのテーマではありません。原発事故の危険性はあっても、ほかに効率的で有効な代替エネルギーがないとなれば、「豊かな生活」のための必要悪として、今後世界各地で原子力発電所の建設ラッシュになるのではないでしょうか。

「人類は地球の癌細胞であろうか?」という反省はさておき、「今さら新日鉄が買えるか」と鉄鋼株を買い損なってぼやいている人(俺だよ)は、原発関連の穴株を探してみてはいかがでしょうか(面倒ならズバリ三菱重工に運命を託す)。

|

« 選抜高校野球・ベスト8 | トップページ | 選抜高校野球・ベスト4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/5932248

この記事へのトラックバック一覧です: 年間上昇率ナンバーワン銘柄を追う・その3:

« 選抜高校野球・ベスト8 | トップページ | 選抜高校野球・ベスト4 »