« 日本LCA・逃げろ! | トップページ | 統一地方選・市議会議員選挙 »

2007年4月20日 (金)

大きさの違う金魚を同じ水槽で飼う

去年の8月、ビッグサムで金魚(コメット)を3匹買いました。幸いにしていまだに3匹とも元気です。

金魚を飼うときは大きさをそろえたほうがいいといいます。そこで大きさがそろうようになるべく小さい金魚を選んで買ったのですが、売っている金魚が残り少なくなっていて、どうしても大きいのが1匹入ってしまいました。

大きさがそろっていないとどういうことになるかというと、エサを与えても一番大きな金魚がほとんど食べてしまいます。たとえば10のエサを与えると、3匹とも1ずつは食べるのですが、残りの7を大きいのが全部食べてしまうのです。金魚には思いやりなんてありません。チビのために少しエサを残しておいてやろうなんてことは考えません。早い者勝ちです。食べられるだけ自分が食べてしまいます。その結果大きい金魚はますます大きくなり、小さい金魚はなかなか成長しなくなります。もっとも、水中には目に見えない金魚のエサがあるらしく、飢え死にすることはないようです。

大きな金魚の1人勝ち状態を困ったことだとは思いつつも成り行きまかせにしてきました。「そのうちなんとかなるだろう」の精神です。最近の傾向としては、小さい金魚もそれなりに大きくなってきて、エサの争奪戦では素早さを武器にけっこう頑張っています。

この3匹が今年の夏まで無事に生きていたら、1周年を記念してでっかい水槽に移して思う存分泳がせてやりたいと考えています。

  希少価値のない大衆的な金魚を熱帯魚並みの贅沢な環境で育てる

こういう趣味があってもいいのではなかろうか。

|

« 日本LCA・逃げろ! | トップページ | 統一地方選・市議会議員選挙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/6158820

この記事へのトラックバック一覧です: 大きさの違う金魚を同じ水槽で飼う:

« 日本LCA・逃げろ! | トップページ | 統一地方選・市議会議員選挙 »