« 参院選の延期について | トップページ | ブルドックの株主総会、新株予約権の発行を可決 »

2007年6月23日 (土)

期日前投票もあります

大仁田氏が政界引退表明=参院選日程変更、首相に抗議

6月23日13時1分配信 時事通信

 元プロレスラーで自民党の大仁田厚参院議員は23日午前、都内で記者会見し、夏の参院選の公認を辞退し、今期限りで政界を引退する意向を明らかにした。
 大仁田氏はその理由について「7月29日投票では夏休みに突入してしまい、政治に関心のない人たちに行き届かない政治になる。参院は首相官邸の人気取りの道具ではない」と強調。安倍晋三首相の強い意向で今国会の会期が延長され、参院選日程が変更されたことに対する抗議だと説明した。

大仁田議員は無所属で立候補して期日前投票を訴えたらどうでしょうかね。「俺の投票日は22日だ」と訴えて、かまうことないから22日に投票してもらっちゃえばいいのに。

 投票日に仕事や旅行、レジャーなどの用事がある方は、期日前投票ができる

 期日前投票所に行く → 宣誓書兼請求書に必要事項を記入 → 投票用紙が交付 → 投票
 
1.投票できる期間 → 選挙期日の公示日又は告示日の翌日から投票日の前日まで
2.投票できる時間 → 原則として午前8時30分から午後8時まで(土日も可)
3.場所         → 期日前投票所(区市町村の役所・役場などに設置)

しかし自民党のなりふり構わない選挙戦術は露骨ですね。

1.郵政造反組を復党させて組織票をがっちり固める
2.投票日を遅らせて無党派層はなるべく棄権させる

このふたつはセットになっていて無関係ではないと思います。

|

« 参院選の延期について | トップページ | ブルドックの株主総会、新株予約権の発行を可決 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/6892646

この記事へのトラックバック一覧です: 期日前投票もあります:

« 参院選の延期について | トップページ | ブルドックの株主総会、新株予約権の発行を可決 »