« こういう童謡を知っていますか? | トップページ | オウンゴール症候群 »

2007年6月30日 (土)

宇宙論を読む・番外編

世の中には思いがけない大発見に繋がるような出来事が溢れています。でも、誰もが見過ごしてしまうような出来事を大発見に繋げることが出来るかどうかは、偶然とばかりは言えません。やはりたゆまぬ探究心を忘れない人に大発見の女神は微笑むようです。まさに「チャンスは備えある者に訪れる」です。

宇宙論とは直接関係ありませんが、バイアグラの効能が発見された時の様子が「ビッグバン宇宙論下」のなかに出てきました。面白かったので紹介しておきます。

この薬はもともと心臓病の治療薬として開発されたものだった。研究者たちがこの薬の有用な副作用に気づいたのは、臨床試験に参加した患者たちが、心臓病には特に効果がなさそうだったにもにもかかわらず、未使用分の薬を断固返したがらなかったからだ。

|

« こういう童謡を知っていますか? | トップページ | オウンゴール症候群 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/6982620

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙論を読む・番外編:

« こういう童謡を知っていますか? | トップページ | オウンゴール症候群 »