« 村上被告に実刑(懲役2年) | トップページ | 官房長官、「花代」発言の山本副大臣を厳重注意 »

2007年7月23日 (月)

ブルドックソースがスティールに支払う23億円

ブルドックソースの買収防衛策が発動されました。このまま進行するとブルドックは新株予約権を買取るためにスティールに約23億円(396×1950×3×1000)を支払うことになります。

この23億円の支払いについてですが、これを資本取引として処理すると利益をかさ上げした粉飾決算になりかねません。そうかといって、特別損失として処理すれば利益を圧縮した脱税行為となりかねません。

ライブドア事件で問題となった自社株売却益の会計処理と同様の問題がブルドックに発生するのではないでしょうか。おそらくブルドックは税務当局の指示に従って指示通りの会計処理をすると思います。あるいは、もし当局から誤りが指摘されたら訂正することにして、とりあえず会計事務所の指示に従って処理することになるかもしれません。

で、なにが言いたいかというと、ライブドア事件についてです。会計の専門家とはいえない社長(ホリエモン)が、会計処理上の問題で逮捕されて起訴された挙句、実刑の有罪判決を受けるというのはいくら「国策捜査」とはいえあまりにも不条理だと思いませんか。

|

« 村上被告に実刑(懲役2年) | トップページ | 官房長官、「花代」発言の山本副大臣を厳重注意 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/7252489

この記事へのトラックバック一覧です: ブルドックソースがスティールに支払う23億円:

« 村上被告に実刑(懲役2年) | トップページ | 官房長官、「花代」発言の山本副大臣を厳重注意 »