« 官房長官、「花代」発言の山本副大臣を厳重注意 | トップページ | 勘違い・カフェの女給 »

2007年7月25日 (水)

ブルドックソース・不可解な大量保有報告書

7月24日付でみずほ銀行がブルドックソースの大量保有報告書を提出しています。

保有株          54万株
新株予約権      163万株(54×3)
合  計         218万株

発行済株式数    1901万株

(54+163)÷(1901+163)=10.56%

新株予約権の割当によって保有比率が10.56%に増加したという報告なんですが、こういう大量保有報告書って、何か意味があるんでしょうかね。第一生命(8.55%)や日本生命(13.09%)も同様の大量保有報告書を提出しています。

この方式で計算すると、約25万株以上を保有するブルドックソースの大株主は軒並み保有比率が5%を超えてしまうことになります。報告義務が発生すると思うのですが、今のところ大量保有報告書を提出しているのはこの3社だけです。

|

« 官房長官、「花代」発言の山本副大臣を厳重注意 | トップページ | 勘違い・カフェの女給 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/7269594

この記事へのトラックバック一覧です: ブルドックソース・不可解な大量保有報告書:

« 官房長官、「花代」発言の山本副大臣を厳重注意 | トップページ | 勘違い・カフェの女給 »