« ブルドック・買収防衛策発動か? | トップページ | 妻に言われてムッとした一言 »

2007年7月 6日 (金)

年間上昇率ナンバーワン銘柄を追う・その6

遅ればせながら、昨年末から6月末まで、6ヵ月間の株価上昇率ベスト10です(東証1部)。

順位   上昇率(%)  コード    銘 柄
 1.   161.99   6378    木村化      原発
 2.   159.48   9123    太平海   海運
 3.   149.41   1813    不動建設
 4.   148.08   9115    明治海   海運
 5.   144.77   9113    乾汽船   海運
 6.   116.07   7004    日立造   原発
 7.   111.67   8841    テーオーシ М&A
 8.   102.15   5631    日製綱   原発
 9.   102.09   9132    第一中汽  海運
10.   101.69   9110    新和海   海運

相変わらず原発関連株と海運株が上位を独占しています。株式新聞によれば、

 「原子力関連ぐらいしか投資テーマが見当たらず、物色も集中しがち」(準大手証券)

とのことです。やや膠着気味ですね。なんだかつまらなくなってきました。

最近毎日必ずチェックしているデータにTOPIXの業種別データ(33業種)があります。相場の現在位置と今後のゆくえを占う参考にしています。

たとえば、200日移動平均線からの乖離率に注目して、ベスト5とワースト5をピックアップすると次のようになります(7月5日現在)。

ベスト5
1. 35.48%  海運
2. 23.34%  鉄鋼
3. 21.20%  その他製造(つまり任天堂)
4. 20.58%  卸売(つまり総合商社)
5. 19.92%  石油・石炭

ワースト5
1. -6.05%  その他金融
2. -3.74%  パルプ・紙
3. -3.59%  サービス
4. -2.73%  銀行   
5. -1.48%  電力・ガス  

これをを眺めているだけでも今の相場がどういうことになっているか、何となくイメージがわいてきませんか?

|

« ブルドック・買収防衛策発動か? | トップページ | 妻に言われてムッとした一言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/7047590

この記事へのトラックバック一覧です: 年間上昇率ナンバーワン銘柄を追う・その6:

« ブルドック・買収防衛策発動か? | トップページ | 妻に言われてムッとした一言 »