« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月29日 (水)

タマちゃんの名言・人の子

タマちゃんといってもアゴヒゲアザラシのタマちゃんではありません。スーパーモーニングを仕切っている女子アナの赤江珠緒のことです。

キリスト教で「人の子」といえばイエス・キリストを指すらしいですが、「名利に無関心な聖人君子ではない」という意味で「人の子」という場合もあります。

スーパーモーニングでいよいよ決まろうとする安倍内閣の組閣人事が話題になっていたときのことです。ドサクサにまぎれてタマちゃんが言いました。

「政治家のみなさんも人の子ですから、組閣を前にドキドキしてる方もいらっしゃるのではないでしょうか?」

これには大笑いしてしまいました。「あんたは欲張りでずる賢い」と言われるよりも「あんたも人の子だね」と言われたほうが意味は同じでもホッとします。ああよかった。

美人であると評判のタマちゃんはまだ独身ですが恋人がいるらしいです。某ニュース番組のディレクターだとか。タマちゃんも人の子だね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月28日 (火)

皆既月食が見たい

せっかくの皆既月食ですが、天気が曇がちで見られるかどうか微妙になってきました。ここ(神奈川県)では、青空も見えますが圧倒的に雲が多いです。

肉眼で見れないときは天文台のライブ中継を利用する方法もあります。全国の天気図を見ると北海道は晴れているよです。

「銀河の森天文台」(北海道陸別町)が画像中継(1分ごとに更新)をやっています。
    ↓
http://www.rikubetsu.jp/tenmon/tenki/index_moon.html

でも、全国からアクセスが集中すると結局見れないかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月25日 (土)

28日の皆既月食・天体ショーを楽しもう

古代ギリシャ人は皆既月食は太陽と地球と月が一直線上に並ぶことによって起こる現象であることをすでに知っていました。そしてこの皆既月食を観測することによって、月の直径が地球の直径の約4分の1であることを突き止めました。地球の影が地球の大きさを表していると考えて、月食が始まってから月がすっかり地球の影に入ってしまうまでの時間と月が地球の影を通過するまでの時間を比べたのです。紀元前3世紀のことです。天体に対する古代ギリシャ人の飽くなき探究心とその思考力と発想の豊かさには本当に驚かされます。ちなみに、太陽の大きさは皆既日食を利用して求めたそうです。

8月25日10時35分配信 毎日新聞

 月食は、太陽、地球、月が一直線に並び、月を照らす太陽光が地球に遮られるために、月が欠けて見える。今回は28日午後5時51分に月が地球の影に入るため、ほとんどの地域では、月の出の段階で既に月食が始まっている。
国立天文台(東京都三鷹市)によると、東京では午後6時11分に3割ほど欠けた月が昇る。月全体が地球の影の中にすっぽりと入る皆既月食は同52分から約1時間半。その後、欠けた部分が徐々に小さくなっていき、9時24分に月食が終わる。

古代ギリシャ人の叡智に思いをはせながら、28日の天体ショーを楽しみたいと思います。このチャンスを逃すと次の皆既月食は2010年12月21日だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月24日 (金)

国分寺のストーカー殺人事件

今は亡き植木等の歌に「ハイ それまでョ」(作詞・青島幸男)というのがあります。映画『ニッポン無責任時代』の主題歌です。

あなただけが 生きがいなの
お願い お願い すてないで
テナコト言われて 
ソノ気になって
三日とあけずに キャバレーへ
金のなる木が あるじゃなし
質屋通いは 序の口で
退職金まで 前借し
貢いだあげくが 
ハイ それまでョ

フザケヤガッテ
 フザケヤガッテ
フザケヤガッテ
 コノヤロー

 歌っている植木等の勇姿はYouTubeでどうぞ

キャバレーのお姉ちゃんは男に惚れさせて貢がせるのが商売です。荷風先生のような猜疑心の強い色道の達人だってコロッと騙されてしまいます。

国分寺で起きた警察官によるストーカー殺人事件はあまりの痛ましさにやりきれないものがあります。でも、悲劇と喜劇は紙一重です。なぜか「ハイ それまでョ」を連想してしまいました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年8月22日 (水)

夏の甲子園大会・決勝戦

すごい試合でした。7回が終わった時点で、ほとんどの人が勝負あったと思ったのではないでしょうか。99%優勝は広陵であると疑わなかったと思います。

ところが好投する広陵・野村投手の前に7回までわずか1安打10奪三振に抑えられていた佐賀北が8回、一気に4点差をひっくり返しました。押し出しのフォアボールとその直後の満塁ホームランです。甲子園には魔物が棲んでいることを実証するような奇跡が起きました。試合結果は、

   佐賀北 5-4 広陵

甲子園大会というのは野球の神様があらかじめ優勝チームを決めていて、途中のゲーム展開がどうなろうと最終的には神様の決めたチームが優勝することになっているのかもしれません。日ごろ不信心のわたしもこの日ばかりは野球の神様の存在を信じたくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月20日 (月)

夏の甲子園大会・ベスト4

準々決勝の4試合を観戦していて、帝京に延長サヨナラ勝ちした佐賀北(佐賀)がすっかり気に入ってしまいました。いくらランナーを出しても、守って守って守り抜いて絶対にホームベースは踏ませないという戦いぶりが感動的でした。

明日はいよいよ準決勝ですが、バントを多用する高校野球らしい佐賀北と原則としてバントはしない高校野球らしくない常葉菊川の対戦を是非実現して欲しくなりました。対照的な両チームですが、両チームとも守備がいいので投手が崩れなければ1点を争う白熱したゲームになりそうです。うーん、みてみたい。

したがって準決勝は、予想というよりも願望です。

第1試合 常葉菊川(静岡)広陵(広島)
第2試合 佐賀北(佐賀)長崎日大(長崎)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月19日 (日)

夏の甲子園大会・ベスト8

夏の甲子園大会もベスト8が決まっていよいよ準々決勝です。高校野球は準々決勝あたりから気合入れて観戦すると面白いです。そろそろ帝京が優勝するのではないかという気がしていますが、どうなりますか。明日は常葉菊川と大垣日大の因縁の対決もあります。とりあえず予想です。

8月19日(準々決勝)
第1試合 佐賀北(佐賀)帝京(東東京)
第2試合 今治西(愛媛)広陵(広島)
8月20日(準々決勝)
第1試合 長崎日大(長崎)楊志館(大分)
第2試合 常葉菊川(静岡)大垣日大(岐阜)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月18日 (土)

猛暑対策について・その2

小林製薬の「熱さま首もとひんやりベルト」を使ってみました。以下はその感想です。

冷却時間が3時間で冷却効果が60分しか持続しないというのはあんまりです。しかもこの60分というのはかなりサバを読んでいます。まあ、猛暑の中で使用すると30分ですね。

凍傷事故を恐れているのでしょうか専用カバーがマフラーみたいになっています。これだと冷却効果が切れているのにうっかり外さないでいると真夏にマフラーをしているような感じになってしまいます。専用カバーのかわりに濡れタオルを巻いて使ってみましたが、濡れタオルを凍らせて使っているのとたいしてかわらないです・・・なんだかなあ。

それからもともと女性の使用を想定しているのか、首が太いと動脈のところがうまく冷やせません。何だかお上品で猛暑対策には力不足です。こういうのはボケっとしてると凍傷になるぐらいでちょうどいいのですがね。同じ小林製薬の製品でも「やわらかアイスまくら」はけっこう役立っているのですが、「熱さま首もとひんやりベルト」はアイディア倒れのちょっと残念な製品です。「おすすめ」は取り消しです。

クーラーのない室内での猛暑対策としては、

1.ペットボトル(500ml)に水を入れて凍らせる。
2.濡れタオルを巻いて動脈(首筋、わきの下、足首など)を冷やす。

これが一番安上がりで実用的かもしれません。首にうまくフィットするペットボトルの容器を開発して夏場の冷却用グッズとして売れ出せば爆発的に売れるような気がします。でも、付加価値がないから儲からないかも。
ペットボトルと縁の深い飲料メーカーが日頃のご愛顧に感謝を込めてサービス品として(無料で)配るという手もあります。つまらんコマーシャルに大金を使うよりもはるかに販促効果が期待できるのではないでしょうか(非売品に注文が殺到したりして)。

なにはともあれ、本日はだいぶ猛暑もやわらいだようで過ごしやすかったです。同じ30度でも35度が30度に下がるのと25度が30度に上がるのとでは体感温度が全然違います。人間の身体なんていい加減なものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月16日 (木)

猛暑対策について

猛暑が続いていますが、我が家にはエアコンがありません。裸になって濡れタオルを首に巻きつけて扇風機の風を当てるのがせめてもの暑さ対策です。

人間の身体というのは首を冷やせばなんとかなるものです。そこで首を効果的に冷やすアイスまくらのようなものはないものかと調べたら、「熱さま首もとひんやりベルト」というのを発見しました。これを2本用意して、1本は常に冷凍庫で冷やしておくようにすればエアコンがなくても暑さを凌げそうです。エアコンがなくて暑さに参っている人はこの「熱さま首もとひんやりベルト」がおすすめです(まだ使ってないけど)。
   ↓
http://www.kobayashi.co.jp/seihin/ns_khb/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月14日 (火)

人相の不思議・片山虎之助

参議院の自民党幹事長だった片山虎之助は傲慢不遜の悪人ヅラだと思っていました。ところが間違っても落選はないと思われていた参院選に落選してから顔つきが変わりました。
重責から解放されたためか憑き物が落ちたようにスッキリして穏やかな人間味のあるとてもいい顔になりました。好感度急上昇です。最初からあの表情で選挙戦を戦っていれば、万が一にも落選することはなかったと思います。

いい顔になった片山虎之助と対照的なのは安倍首相です。あのブキミなカメラ目線は論外ですが、それでなくても日を追って顔つきが悪くなっています。支持率70%だったころと比べるとこれが同じ人物かと思えるほど表情が変わってしまいました。目つきが怖いです。

顔つきが悪くなった代表的政治家をもう一人あげると舛添要一がいます。ゆとりがないのか顔が鬼みたいになっています。たまには夜空の星でも眺めて、ちっぽけな人間の存在と人間の愚かさをしみじみと考えたほうがいいです。自分もその愚かな人間の1人に過ぎないということが自覚できれば顔つきもかわってくると思います。

 片山虎之助 → 再起を期して欲しい
 安倍晋三  → KY
 舛添要一  → ND

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月13日 (月)

FMな人・真夏のファッション

猛暑が続いていますが、街へ出るとつんつるてんのワンピースに股引をはいた若い女性が並木の歩道を闊歩している姿をよく見かけます。ファッション用語では、あの短いワンピースはチュニック、股引はスパッツというんだそうです。どんな格好をしてもスタイルのいい人はそれなりに似合います。でも、似合わない人があの格好をすると妊婦が股引はいているようで笑っちゃいます。

女子高生の間では、空気の読めない人のことをKY、人間としてどうもな人のことをNDというんだそうです。そこでわたしも新語を考案しました。

   FM=ファッションがむなしい人

夏の風物詩といえば花火と浴衣です。馬子にも衣装とはよくいったもので、浴衣はだれが着ても似合う夏の定番ファッションです。ただ、浴衣姿にヘルメットかぶって大股おっぴろげてバイクの後ろに跨っている若いお姉ちゃんがいます。あれは誰がやっても似合いませんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 9日 (木)

クールビズ廃止、西岡議運委長が突然提案

8月9日20時19分配信 読売新聞

 民主党の西岡武夫参院議院運営委員長は9日の理事会で、「(参院では)次の国会から『クールビズ』の申し合わせを廃棄したい」と述べ、次期臨時国会から本会議、委員会でのネクタイ着用を義務づけることを提案した。

 10日に改めて協議するが、突然の提案に与野党とも困惑顔だ。

 西岡氏は理由について、「制服を着た国会参観の子どもがいる中で、大人がリラックスした格好でよいのか」などと述べた。

 参院では一昨年から、各党の申し合わせで6~9月は冷房温度を上げるかわりに、ネクタイ着用は義務付けないことにしている。参院の先例でも本会議場での「上着着用」が義務付けられているだけで、西岡氏の提案は一昨年以前の状態よりも「厳しい」内容だ。

選挙前にこういう提案をしていたら民主党は相当ダメージを受けていたと思います。選挙後でよかったですね。

突然の提案だそうですが、西岡武夫には提案する前に周囲の意見を聞くという知恵はないのでしょうか。 協議するまでもなく却下されると思いますが、恥をかかさずに却下するのは難しいと思います。猛暑の最中につまらん提案はやめてもっと議論すべきことを議論してほしいです。時間がもったいない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年8月 8日 (水)

スティール・TOB続行

最高裁の抗告棄却を受けてスティールはTOBを撤回すると予想していましたが、予想が外れました。スティールは買取り価格を425円に引き下げてTOBの続行を表明しました。

でも、スティールのTOBは、取扱い窓口がウツミ屋証券であったり、延長期間が8月23日までだったりして、全株取得を表明しながらも何とか応募してもらおうという積極的な姿勢が感じられません。特に締切が8月23日というのは致命的です。株主によっては新株の応募が不可能だったりします。このTOB続行は明らかに本気ではないです。抗告を棄却されて即TOB撤回では体裁が悪いのかもしれません。

天竜製鋸のTOBのときは、結局応募株式数はわずか14万3000株(発行済み株式数の約2.57%)で、これに対するスティールのコメントは次のようなものでした。

「天竜製鋸の株主がTOBに応じるか否かを自ら判断できたことを喜ばしく思う。われわれは同社の将来性を高く評価し、今後も継続的な成功を支援していきたい」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 7日 (火)

最高裁がスティールの抗告を棄却

[東京 7日 ロイター] 最終更新:8月7日19時4分
 
<乱用的か否かに関わらず法令違反でない>
  最高裁の決定によると、ブルドックの買収防衛策についてスティールが株主平等原則違反と主張したことに対し「特定の株主の経営支配権の取得で、会社の株主価値が毀(き)損され、会社の利益・株主共同の利益が害されるおそれが生じるような場合」には、その防止のために特定の株主を差別的に扱うことができるとした。
 そのうえで、ブルドックの買収防衛策は株主総会で83.4%の賛成を得て可決されたことを指摘して「ほとんどの既存株主が、スティールによる経営支配権の取得が相手方の利益・株主共同の利益を害することになると判断したものといえる」と認定した。

もしこれが本当なら、買収防衛策なんて必要ねーじゃん。株主がTOBに応じなければいいだけの話です。

 さらに、スティールに割り当てられる新株予約権には新株が交付されないが、その代わりに現金23億円が支払われることを指摘して「相当性を欠くものとは認められない」とした。

今日ののブルドックソースの終値は下がったとはいえ630円です。スティールの新株予約権を396円で強制的に買取ることはどう考えても相当性を欠ています。

また、スティールが高裁で「乱用的買収者」と認定されたことに関しては「乱用的買収者に当たるといえるか否かに関わらず、新株予約権は株主平等原則の趣旨に反するものではなく、法令に違反しない」とだけ言及して、明確な判断は避けた。

高裁がスティールを濫用的買収者と認定したのは、そうしないと新株予約権を市場価格よりも低い396円で買取ることを正当化できなかったからだと思います。濫用的買収者かどうかの認定は避けて、なぜか結論だけは同じという最高裁の判断には首をかしげてしまいます。正否はともかくとしてまだ高裁の判断のほうが論旨が一貫していたと思います。

最高裁の抗告棄却は、頭ごなしに、

  ダメなものはダメだ

といっているだけで理屈もへったくれもありゃしません。

これでスティールは堂々とTOBを中止できることになりました。10日からは新株が市場に出回ることになります。ブルドックソースの株価は奈落の底に沈んでいくと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 6日 (月)

年間上昇率ナンバーワン銘柄を追う・その7

米国のサブプライムローン問題、円高、参院選の与党大敗、安倍内閣続投など、日本の株式市場は悪材料が満載ですが、頑張っている銘柄もあります。7月末までの上昇率ベスト10です。

    コード   上昇率(%)  銘柄     高値日
 1. 6378  355.82  木村化     7/12
 2. 9132  205.22  第一中汽    7/26
 3. 9113  173.69  乾汽船     6/04
 4. 9123  171.89  太平海     6/07
 5. 9115  160.10  明治海     6/05
 6. 7709  155.13  クボテック   7/31
 7. 9110  129.38  新和海     8/03
 8. 4997  121.76  日農薬     7/17
 9. 6519  116.99  エネサーブ   7/18
10. 6368  110.09  オルガノ    7/11

中越沖地震による柏崎刈羽原発のトラブル以来、原発関連銘柄に勢いがなくなりました。相変わらず頑強なのは海運株です。どうも面白くないので10位以下の注目銘柄もピックアップしてみました。いずれも業績上方修正銘柄です。

15. 5333  ガイシ    99.13
16. 6217  津田駒    98.32
18. 6222  島精機    93.66
21. 7974  任天堂    89.64
35. 5302  カーボン   70.55

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 5日 (日)

まことちやん騒動

8月4日8時1分配信 産経新聞

 「まことちゃん」などの作品で知られる漫画家の楳図かずおさん(70)が東京・吉祥寺に建築中の赤白しま模様の住宅をめぐり、近隣住民が申し立てた工事差し止め仮処分の第1回審尋が3日、東京地裁で開かれた。楳図さん側は計画通りに建築を進める考えを示した。住民側代理人によると、楳図さん側は「景観利益を個人が権利として行使することは認められていない」との答弁書を提出。保全すべき権利がない以上、住宅を建築しても権利の侵害にはならないと主張したという。

こういう問題は、裁判でなんとかしょうとするよりもまずは考え直してもらうようにお願いするのが筋ではないでしょうかね。最初からケンカするつもりなら別ですが、楳図先生の価値観を認めた上で無理を承知でお願いするという姿勢が近隣住民(約2名)には必要だと思います。楳図先生だって自分の趣味が世間の常識からすればとんでもないことぐらい承知していると思います。地域住民が悪意のこもった攻撃的な言葉を並べて裁判沙汰にすれば、楳図先生のほうだって「意地でも建ててやる」という気になってしまうと思います。

典型的なご近所トラブルですが、いきなり建築差止めの仮処分を申し立てるというのはどうかと思います。署名運動をして署名を集めるとか、近隣住民が一致団結して建築差止めを求めるとか、徹底抗戦をするならもっとほかに賢いやり方があったのではないでしょうか。たった2名で景観の権利を主張しても・・・勝ち目はないです(と思う)。

一箇所に定住していれば、何かの巡り会わせでゴミ屋敷の主人が隣りに引越してくる可能性だってあります。近隣住民は新築住宅の主人が楳図先生でよかったと思わなくてはいけません。ぐわっし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 4日 (土)

ギャル曽根・なんだこいつ

最近テレビでギャル曽根と称する女の子をよく見かけます。大食いが特技らしく、喰うの喰わないのってとにかくよく食べます。早食いとか無理してとかいうのではなくて、マイペースでいくら食べてもニコニコしながら実においしそうに食べ続けます。

見た目は大食いというイメージからは程遠くどちらかといえば痩せています。162cm、45kg、21歳。

その豪快な食べっぷりは見ているだけで幸せな気分にしてくれます。ニュータイプのアイドルですね。あまり人気が出すぎると大食いのパフォーマンスをやりすぎて身体を壊してしまうのではないかと心配です。食べる以外に何か特技はないのでしょうかね。

日経新聞の「テレビの壷」というコラムによると、このギャル曽根のチーフマネジャーは引退した飯島愛を担当していた人だそうで、何となく納得しました。ギャル曽根現象は(プロの)マネジャー業とは何かということを深く考えされられます。ある意味では、タレントが売れるかどうかはマネジャー次第とさえいえるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 1日 (水)

民主党、天下り根絶法案提出へ

民主党は秋の臨時国会で、国家公務員の再就職あっせんを全面禁止する「天下り根絶法案」を参院に提出する方針を固めました。この法案は、数の力で葬り去られた民主党案の再提出のようです。

わたりを含む天下りについて、民主党がどういう主張をしていたのか、国会議事録を読んでみました。けっこう面白かったので核心部分を紹介します。

民主党・細野豪志議員の質問(平成19年5月15日の国会議事録)

 わたりについては、もう一つ気になることがあります。四月十三日、渡辺大臣の指示で、二度目以降の再就職のあっせん、すなわちわたりの調査が公表されました。平成十六年から十八年までの三年間、全省庁でわずか十六件という信じがたい数字が出てまいりました。
 経済産業省は、私の委員会質問に対して、職務でわたりのあっせんをしていることを認めています。各省庁が少なくとも七十五歳前後までわたりのあっせんをしてきたことは、周知の事実であります。今回の調査結果は、この周知の事実を正面から否定するものであります。わたりのあっせんが組織的に行われていなかったことになると、仮に新人材バンクでこのあっせんをしないとしても、これからも隠然として各省庁で継続をしてわたりのあっせんが行われる可能性があります。それを予防するためにも、渡辺大臣には、断固として今回、再調査を指示すべきと考えますが、いかがでしょうか。
 次に、独立行政法人及び特殊法人からの天下りについて伺います。
 緑資源機構の談合では、農水省から所管の独立行政法人である緑資源機構への天下り、緑資源機構から関連法人への天下りが重要な役割を果たしてきました。それに伴い、税金が農水省から緑資源機構へ流れ、さらにその下の関連法人に流れています。人、すなわち天下りが、国、独立行政法人、そして関連法人へと流れ、その三者で税金を食い物にするいわゆる三位一体の構造がここにあらわれています。それをさらに強固なものにしているのが、関連法人からパーティーチケットを購入してもらうなどしてこの三位一体の構造の用心棒をしている政治家がいるという現実であります。だれのことを指しているかは、この議場にいらっしゃる議員の皆さんはよく御存じだと思います。
 政府案では、独立行政法人及び特殊法人からの天下りが規制対象から外れています。これでは、税金を食い物にしてきた三位一体の構造は崩れません。特に、日本年金機構が規制の対象外となっているのは大きな問題であります。社会保険庁には天下りの規制がこれまでかかってまいりました。不祥事があって日本年金機構は特殊法人に移行いたします。特殊法人に移行した途端に天下り規制がかからない、これは一体どういうことでしょうか。渡辺大臣には、国民が納得のいく御答弁をしていただきたいと思います。

民主党・武正公一議員の質問(平成19年5月15日の国会議事録)

 先ほど渡辺大臣は、独法も対象だと胸を張りましたが、百一ある独立行政法人のうち、政府案の対象としているのはわずか八つでございます。九十三は対象外でございます。今、百一の独立行政法人のうち、九十三は非国家公務員型の非特定独立行政法人になっておりまして、政府案の対象外になっているのでございます。ここが、政府案の抜け穴たるゆえんがあると言わざるを得ないのでございます。
 さて、今その独立行政法人、民主党の予備的調査で、衆議院の調査局から調べた結果をもとに、その詳細をお伝えさせていただきますが、役員の約八割は天下りでございます。そして、役員の役職数の二倍、兼職をしております。そのうち三割は有給であります。ある独立行政法人の理事長は、五十九の兼職をしております、そのうち九が有給であります。そして、独立行政法人百一のトップ、八割は天下りであります。チェックをしなければならない監事の半数は、これも天下りであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »