« 夏の甲子園大会・ベスト4 | トップページ | 国分寺のストーカー殺人事件 »

2007年8月22日 (水)

夏の甲子園大会・決勝戦

すごい試合でした。7回が終わった時点で、ほとんどの人が勝負あったと思ったのではないでしょうか。99%優勝は広陵であると疑わなかったと思います。

ところが好投する広陵・野村投手の前に7回までわずか1安打10奪三振に抑えられていた佐賀北が8回、一気に4点差をひっくり返しました。押し出しのフォアボールとその直後の満塁ホームランです。甲子園には魔物が棲んでいることを実証するような奇跡が起きました。試合結果は、

   佐賀北 5-4 広陵

甲子園大会というのは野球の神様があらかじめ優勝チームを決めていて、途中のゲーム展開がどうなろうと最終的には神様の決めたチームが優勝することになっているのかもしれません。日ごろ不信心のわたしもこの日ばかりは野球の神様の存在を信じたくなりました。

|

« 夏の甲子園大会・ベスト4 | トップページ | 国分寺のストーカー殺人事件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/7636829

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の甲子園大会・決勝戦:

« 夏の甲子園大会・ベスト4 | トップページ | 国分寺のストーカー殺人事件 »