« 謎・「省線にて浅草駅に至る」 | トップページ | 年間上昇率ナンバーワン銘柄を追う・その9 »

2007年9月28日 (金)

サブプライムローン問題

最初は低金利で借りやすくして数年後に金利が跳ね上がるという仕組みは、かつて日本にもあったゆとりローンと発想が同じです。しかし、サブプライムローンの悪どさはゆとりローンの比ではありません。

ゆとりローンが「生かさず殺さず方式」だったとすれば、サブプライムローンは「皆殺し方式」です。とにかく、返済不能になることがわかっていながら、高金利のローンで過度の借り入れをさせて最後は担保物件を取り上げて叩き出すのですから。金額が大きいだけにサラ金より悪質といえます。

担保物件を処分して貸し倒れの穴埋めがどの程度できるのかわかりませんが、日本円にして160兆円といわれているサブプライムローンは、早晩ほぼ全額が不良債権になると考えて間違いないと思います。

グリーンスパン(FRB前議長)は、「魔法のつえで住宅価格を10%上昇させられれば、この問題は解決する」とおっしゃたそうです。より正確には、この10%上昇には継続性が必要です(つまり毎年10%上昇)。これって、「バブルが崩壊しなければ、バブルは崩壊しない」といっているのと同じだと思います。

サブプライムローンは借り入れから数年後に返済額が跳ね上がる(≒焦げ付く)ことになっているので、放置しているといっそう問題が深刻化します。担保物件がそれなりの価格で売却処分できなくなれば、ローンの利用者だけでなくローン会社も地獄行きです。利用者保護と金融市場への悪影響を最小限にくい止めるためにも、こうしたローンは早く規制すべきだと思うのですが、そこは自由主義の国アメリカです。驚いたことに、「過度な規制はかえって市場を混乱させる」との意見も少なくないそうです。アメリカという国には詐欺罪というのがないらしい(ウソ)。

|

« 謎・「省線にて浅草駅に至る」 | トップページ | 年間上昇率ナンバーワン銘柄を追う・その9 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/8145065

この記事へのトラックバック一覧です: サブプライムローン問題:

« 謎・「省線にて浅草駅に至る」 | トップページ | 年間上昇率ナンバーワン銘柄を追う・その9 »