« 安倍首相・辞任の意向 | トップページ | 安倍首相入院・沈黙は金 »

2007年9月13日 (木)

安倍総理の思考・「テロとの戦い」と「局面の打開」

空気が読めない人の思考を推測してみました。

参院選に惨敗したのはボクのせいではない。今だってボクのほうが小沢より国民には人気がある。小沢のせいにしてボクが辞めれば国民の同情が集まる。小沢はひどいやつだということになって「テロ特措法」にも世論の支持が集まる。国民世論を味方につければ民主党も反対できなくなる。よし、職を賭して局面の打開をはかろう。

安倍首相の主観の中では、辞任によってテロ特措法に道筋をつけたつもりなのかもしれません。

それしても辞任のタイミングがあまりにもひどすぎました。これは意図的にわざわざそういうタイミングを選んだのではないでしょうか。辞任についてのいろいろな人のコメントのなかでは、田中康夫の「愉快犯的自爆テロ」というのが一番マトを得ている気がします。

|

« 安倍首相・辞任の意向 | トップページ | 安倍首相入院・沈黙は金 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/7922913

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍総理の思考・「テロとの戦い」と「局面の打開」:

« 安倍首相・辞任の意向 | トップページ | 安倍首相入院・沈黙は金 »