« 金融商品取引法に山ほど苦情 | トップページ | 社名は単なる識別記号か »

2007年10月 6日 (土)

ゴールデンタイムに「おネエ軍団」が進出

小学生の頃、おネエ言葉をしゃべるクラスメートがいました。もちろん男子です。ナヨナヨしていてしぐさも女っぽく、自分のことを「あたし」というし「ダメよ」とか「違うわよ」とかいうのが口癖でした。「変な奴だなあ」と思いつつも、こいつはこういう奴なんだということで何となく納得していました。小学生のころはまだこういう趣味の人がいるんだということを知りませんでした。

それから20代のころ喫茶店で働いていたときの先輩がやはりおネエ系でした。お客に対しては敬語を使うので気づかれませんが、日常会話では「やーね」とか「そうかしら」とかおネエ言葉をしゃべります。最初は冗談かと思っていましたが、そうではなくて日常的にそういう人でした。このとき、「そういえば小学校のときも似た奴がいたなあ」と思い出したものです。

おネエ系の人っていうのは人には言えない苦労や悩みもあるんだろうと思いますが、外見的にはケセラセラで人生を楽しんでいるといった印象が強いです。楽天的な人が多いのではないでしょうか。見ているだけで何だかこっちまで嬉しくなってくるところがあります。

あのKABA.ちゃんがどこかで言っていましたが、同じ趣味の人というのは以心伝心でわかるそうです。たとえば、道を歩いていても男と視線が合うことはめったにないのに、新宿2丁目に行くと男と視線がバチバチ合うようになるとか。視線が合った瞬間、何となくお互いに同じ趣味であることが了解できるんだそうです。

スポーツ報知によると、日テレ系「おネエ★MANS」(土曜・後5時半)が、全国ネットのゴールデンタイム(10月23日スタート、火曜・後7時)に進出するそうです。「どんだけー」のIKKOさんの言うことには、「全国の方に“おネエMANS”の存在をわかっていただけるのがうれしい。若者からお年寄りまで勇気を与えられたら」とのこと。

世の中にはいろんな人がいるものです。

|

« 金融商品取引法に山ほど苦情 | トップページ | 社名は単なる識別記号か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/8264192

この記事へのトラックバック一覧です: ゴールデンタイムに「おネエ軍団」が進出:

« 金融商品取引法に山ほど苦情 | トップページ | 社名は単なる識別記号か »