« サブプライムローン問題 | トップページ | 金融商品取引法に山ほど苦情 »

2007年10月 1日 (月)

年間上昇率ナンバーワン銘柄を追う・その9

9月末までの上昇率ベスト10です。

    コード   上昇率(%)  銘柄     
 1. 6378  388.70   木村化  
 2. 9132  289.90   第一中汽
 3. 9113  268.46   乾汽船  
 4. 9115  164.45   明治海  
 5. 6755  162.60   富士通ゼ 猛暑関連・エアコン絶好調
 6. 9123  156.21   太平海  
 7. 9110  152.22   新和海  
 8. 6222  129.48   島精機  
 9. 4997  120.94   日農薬  
10. 7999  119.79   MUTOHH

波乱の株式相場も9月はやや落ち着きましたが、8月のひどかったことといったら目も当てられません。損益を計算する気力も失せてしまった人も多かったのではないでしょうか(自分のことを人ごとのように言う)。

9月30日の日経新聞に、世界主要20市場の1-9月騰落率というのが載っていました。

    騰落率(%)
 1.  104.5  中国
 2.   35.6  韓国
 3.   33.6  香港
 4.   33.2  ブラジル
 5.   24.0  インド
 6.   22.0  シンガポール
 7.   19.6  台湾
 8.   19.3  南アフリカ
 9.   17.7  ドイツ
10.   15.8  オーストラリア
11.   11.4  米国
12.    9.1  カナダ
13.    8.0  オランダ
14.    4.9  スウェーデン
15.    2.5  英国
16.    1.7  フランス
17.    1.5  スペイン
18.    0.1  スイス
19.   ▲3.3  日本
20.   ▲5.1  イタリア

潜在的な財政問題を抱えている日本とイタリアがともにマイナスだったというのが象徴的です。何か不吉な将来を暗示しています。国際貢献もいいけれど、無料サービスのガソリンスタンドをやっている場合ではないと思うのですが・・・。

|

« サブプライムローン問題 | トップページ | 金融商品取引法に山ほど苦情 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/8197279

この記事へのトラックバック一覧です: 年間上昇率ナンバーワン銘柄を追う・その9:

« サブプライムローン問題 | トップページ | 金融商品取引法に山ほど苦情 »