« 「戯作三昧」(芥川龍之介・新潮文庫) | トップページ | 「おもひでぽろぽろ」・ロリコン超大作? »

2007年10月17日 (水)

テロとの戦いVSテロとの戦い

クルド人というと、フセイン政権下で迫害を受けていたイラク北部の少数民族という程度の知識しかありませんでしたが、なんでもトルコ議会がイラク北部のクルド人抵抗勢力を鎮圧するために越境攻撃を承認するようです。越境攻撃ということは、トルコ軍が国境を越えてイラク領内に侵攻するのでしょうかね。

トルコ議会、イラク北部への越境攻撃を承認の見通し
10月17日12時41分配信 ロイター

[アンカラ 17日 ロイター] トルコ議会は17日、国際圧力を無視する形で、イラク北部のクルド人抵抗勢力を鎮圧するため軍による越境攻撃を承認する見通し。
 承認されれば攻撃に法的根拠が与えられ、軍は事実上、適切と判断された場合は自由に攻撃することが可能となる。
 トルコの法律では、議会は軍の海外展開を承認しなければならない。このため議会は、エルドアン内閣の要請を受けて公開討論を行った後、圧倒的多数で攻撃を承認するとみられている。
 エルドアン首相は16日、自ら率いる与党の公正発展党(AKP)に対し「承認が即攻撃を意味するわけではないが、正しい時期、正しい状況と判断されればわれわれは行動する。これは自衛の問題だ」と述べた。演説はテレビ放映された。
 クルド人抵抗勢力がトルコ軍に対する攻撃を繰り返していることから、エルドアン首相は、イラク北部のクルド労働者党(PKK)拠点を攻撃するよう、世論の圧力を受けている。

クルド人についての基礎知識

1.人口2500万~3000万人。独自の国家を持たない世界最大の民族。
2.トルコ・イラク・イラン・シリア・アルメニアなどに少数民族として生活。
3.宗教はイスラム教スンニ派。
4.現在のイラク大統領はクルド人(ただし、イラク内では少数派)。
5.イラク北部を拠点にクルド人の独立を目指す武装組織がある→クルド労働者党
6.クルド労働者党がトルコ北部で活発なテロ活動をしている。
7.日本政府はトルコ政府と友好的でクルド人には冷たい。

「テロとの戦い」を理由にトルコ軍がイラクに侵攻したら、同じ「テロとの戦い」を標榜しているアメリカはどうするのでしょうかね。

|

« 「戯作三昧」(芥川龍之介・新潮文庫) | トップページ | 「おもひでぽろぽろ」・ロリコン超大作? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/8474668

この記事へのトラックバック一覧です: テロとの戦いVSテロとの戦い:

« 「戯作三昧」(芥川龍之介・新潮文庫) | トップページ | 「おもひでぽろぽろ」・ロリコン超大作? »