« 夏目漱石の「こころ」を読む・その3 | トップページ | 小沢代表辞意表明・小沢一郎は愉快犯か? »

2007年11月 3日 (土)

吉岡秀隆を知らなかった!

どんな評判の映画でも、映画を映画館に観に行くことはほとんどありません。「ALWAYS 三丁目の夕日」もきのう初めてテレビで観ました。この映画は泣けます。「コノヤロー!わざと泣かそうとしてるな」と思っても泣けてきます。「子どもをダシに使ってずるい」と思ってもやっぱり泣けてきます(年を取って涙腺が緩くなったのだろうか)。

大人の俳優では駄菓子屋の茶川龍之介がよかったです。この声はどこかで聞いたことがあると思ったのですが、誰の声なのかなかなか思い出せませんでした。映画が終わってから、ようやく「男はつらいよ」の満男(寅さんの甥っ子)の声だということに気づきました。気がついてみるとなるほどそうです。かなり変装(?)していましたがハマリ役ですね。満男が成長して大人になると茶川龍之介みたいな人になりそうです。

あと、薬師丸ひろ子がまだ若かったのにはびっくりしました。いつかどこかで読んで大笑いした「お嬢さん?と聞かれて思わず母は留守」という川柳があったのを思い出しました。堀北真希と姉妹の役でも通用するのではなかろうか(無理か?)。小雪さんはますます大女優のカンロクが出てきました。

続編が楽しみです。

|

« 夏目漱石の「こころ」を読む・その3 | トップページ | 小沢代表辞意表明・小沢一郎は愉快犯か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/8742220

この記事へのトラックバック一覧です: 吉岡秀隆を知らなかった!:

» 秀隆サイト [秀隆情報館]
秀隆のリンク集形式のサイト情報です。の情報収集にお役立てください。 [続きを読む]

受信: 2007年11月 5日 (月) 15時31分

« 夏目漱石の「こころ」を読む・その3 | トップページ | 小沢代表辞意表明・小沢一郎は愉快犯か? »