« 夏目漱石の「吾輩は猫である」を読む | トップページ | 泉鏡花の「婦系図」を読む »

2007年12月26日 (水)

伊藤左千夫の「野菊の墓」を読む

「野菊の墓」は15歳の政夫と2つ年上の民子の悲恋物語です。発表されたのは1906年(明治39年)ですが、様式化された古色蒼然とした純愛小説です。

   今さら「野菊の墓」でもあるまい

とバカにしている人は、騙されたと思って読んでみるといいです。短編なのですぐに読めます。様式美の極地というか、その感動の大きさに圧倒されると思います。

昔は初デートの前日に「野菊の墓」を読んで滂沱の涙を流しておくと、デート中にいいことがあるといわれていたものです。心が洗われて表情からぎこちなさ(さもしさ?)が消えるという効果があったのかもしれません。

ちなみに、12月26日現在の「DS文学全集」の総合ランキングでは、「野菊の墓」が堂々の第一位です。

|

« 夏目漱石の「吾輩は猫である」を読む | トップページ | 泉鏡花の「婦系図」を読む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/9584966

この記事へのトラックバック一覧です: 伊藤左千夫の「野菊の墓」を読む:

« 夏目漱石の「吾輩は猫である」を読む | トップページ | 泉鏡花の「婦系図」を読む »