« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月29日 (火)

九鬼周造の『「いき」の構造』を読む

「DS文学全集」の総合ランキングを覗くと、『「いき」の構造』はいつも100位とか99位とかにランキングされています。評価が低いことにかけては折口信夫の「死者の書」と双璧です。もっとも『「いき」の構造』に興味を示して面白いと感じる子どもがいたら末恐ろしいです。やむを得ないかもしれません。

「いき」というのは、漢字で書くと「粋」であったり「意気」であったり「行き」であったり「生き」であったりします。文化文政のころから江戸っ子が好んだとされる古今東西に類例をみない江戸に固有の美意識だそうです。

すっきりしていてさりげなく色気があるセンスの良さ、派手でもなく地味でもなく、甘くもなく渋くもなく、色でいうなら赤紫よりも青紫(江戸紫)、模様でいうなら横縞よりも縦縞、曲線よりも直線、顔でいうなら丸顔よりも細面、樹木でいうなら柳、天気でいうなら小雨・・・いくら言葉を費やしても隔靴掻痒で「いき」という言葉の意味をうまく説明できません。ザックリ言ってしまえば、上品でありながら色気があること、それが「いき」らしいです。

この「いき」ということ(もの)について、微に入り細を穿ち、多面的に考察したのが『「いき」の構造』という本です。残念ながら難しすぎて私にはよくわかりませんでした。ただ随所で示される視覚的イメージをともなった具体例は何となくわかったような気分にさせてくれます。

『「いき」の構造』は、美術や音楽などに造詣の深い専門家(=芸術家)が読めば、目から鱗が落ちて何かに開眼することがあるのかもしれません。しかし、私にとっては高級すぎて豚に真珠です。ある程度「美意識」についての体験的素養がないとこの本を深く理解するのは無理ではないかと思います。

まあ、平安時代のやまとごころが「もののあわれ」で江戸時代の江戸っ子ごころが「いき」である、ということでわかったことにしておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月26日 (土)

島崎藤村の「夜明け前」を読む・その2

江戸時代、幕藩体制を維持するために制度化されていた参勤交代制はまさしくムダの塊りでした。参勤交代そのものの費用(おそらく移動のための旅費)は諸大名にとってそれほど大きな負担ではなかったといわれていますが、「夜明け前」を読むと、負担の多くが助郷に駆り出される街道筋の百姓にツケ回しされていたことがよくわわかります。助郷役の荷物運びは1日でも、現地に行くのに1日、荷物運びに1日、戻ってくるのに1日、さらに村に戻るのに1日、都合4日が潰れてしまいます。農繁期にこれをやられたら百姓はたまりません。これが年に一度や二度ではないとなると、なるほど助郷一揆も起きるわけです。

ムダといえば、江戸時代に全国200万人ともいわれた武士階級(=戦争を忘れた軍事組織)は、百姓に寄生する最大のムダだったような気がします。日本の近代化は、この200万人の武士階級を切り捨てることによって推進されたともいえます。明治維新においては、佐幕派に限らず、倒幕運動に邁進していた尊王派もやはり激動する時代の犠牲者でした。江戸幕府の崩壊過程において、尊王倒幕派はそれと気づかずに一生懸命自らの墓穴を掘っていたようなものです。

王政復古の理想に燃えて一世を風靡したかにみえた国学者も、利用されるだけ利用されて結局は切り捨てられる運命にありました。江戸時代の国学は、主に医者、庄屋、本陣問屋などの百姓、町人のインテリ層に人気がありましたが、「夜明け前」の主人公青山半蔵も平田鉄胤門下の熱心な国学者でした。

国学者でもありまた理想主義者でもあった青山半蔵は、清濁併せ呑む政治的資質が根本的に欠けていたような気がします。江戸幕府が倒れ、新しい時代がやって来たとき、王政復古は国家統一のための単なる手段に過ぎなかったという過酷な現実に直面して青山半蔵は愕然とします。しかも、幕府の滅亡は本陣問屋にとってはその経済的基盤を失うことを意味します。伝統ある旧家は没落し、失意のうちに迎えた青山半蔵の晩年は悲惨そのものです。

政治の世界では、目的が手段となり手段が目的となり、その位置関係が目まぐるしく転換することは日常茶飯事です。「夜明け前」を読んでいると、平成の日本が直面している政治的課題の本質が見えてくるような気がします。

「どんな英雄でもその起こる時は、民意の尊重を約束しないものはないが、いったん権力をその掌中に収めたとなると、かつて民意を尊重したためしがない」(島崎藤村)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月25日 (金)

島崎藤村の「夜明け前」を読む・その1

「DS文学全集」でとうとう島崎藤村の「夜明け前」が当たってしまいました。60作目です。2週間前から読み続けていますが、まだ読み終わりません(明日読了する予定です)。

この大長編小説は、必ず読破するという固い決意で臨まないと途中で挫折すると思います。いわゆるエンタメ系の小説ではなく、幕末のヒーロー(=有名人)も名前だけは多数登場しますが、どんなヒーローも歴史的事件に付随した影のような存在として扱われていて物語の前面に出てくることはありません。

この小説の主人公は、木曽馬籠宿で本陣、問屋、庄屋の三役をかねていた旧家の十七代目当主・青山半蔵です。この主人公は親思いで実直なだけが取柄のいたって平凡な男です。親の七光りと周囲のサポートで何とか大役を果たしていきますが、まあ、気のいい村長さんといったところです。

この小説を読んでいると、没落してゆく旧家とその当主の生涯を通して激動の時代の歴史の実相がリアルに伝わってきます。歴史とは何か、人生とは何かというふたつのテーマが同等の重さで迫ってくる大変な力作です。わたしなんぞは、長野県の地図と歴史年表を広げながら、すっかり歴史の勉強をしてしまいました。ただ、本来なら脚注にすべきような無味乾燥な説明が本編に紛れ込んでいて、しかも大長編であるため、読み通すのにはかなり忍耐力が必要です。

娯楽的面白さの乏しい小説ですが、唯一のサービスといえるのが水戸尊攘派が起こしたという「天狗党の乱」です。筑波山で挙兵して遠路はるばる越前新保(福井県敦賀市)に至るまでの過酷な行軍はドラマチックです。諏訪・和田峠の合戦などは吉川英治の小説を思わせる面白さです。でも、島崎藤村には読者を楽しませようという意図はまったくないようです。天狗党の乱はたまたま事件そのものがドラマチックだっため、事実を淡々と描写しても結果的にドラマチックになってしまったようです。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月17日 (木)

夏目漱石の「坊ちゃん」を読む

ホームレス狩りと称して、中学生がホームレスを襲撃したというニュースがよく報道されます(最近はニュースにもならないか)。ホームレスを襲撃する中学生は、自分の気に入らないものに主観的正義感で暴力を振い、それを「痛快」と感じているようです。そういう中学生には「坊ちゃん」がおススメです。

でも、「坊っちゃん」は今どきの良い子が読む本ではありません。良い子のための推薦図書なら、新美南吉の童話や菊池寛の児童文学(?)のほうがよほど気がきいていると思います。大の大人で「坊っちゃん」がいまだに名作だと思っている人は、誤読しているか読んでないかのどちらかではないかという気がします。今どき「坊っちゃん」を「面白い」などとウソをついて子どもに読ませようとしてもムリです。そういうことをするから子どもが本を読まなくなるのではないでしょうか。

テレビで「DS文学全集」のコマーシャルが流れていました。そのコマーシャルでは性懲りもなく「坊っちゃん」が取り上げられていました。あーだこーだ屁理屈をこねまわして何とか名作に仕立て上げようとしていますが、もううんざりです。読むに値する物語かどうか、夏目漱石のクレジットに惑わされず、先入観を捨てて実際に読んでもらいたいです。そうすれば

    今や子どもの鑑賞にも堪えない駄作

であることが納得できると思います(少なくとも大人が読んで有り難がる本ではない)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月12日 (土)

有島武郎の「或る女」を読む。

有島武郎の小説を初めて読むとネチネチした文章がカンに障ります。それでも我慢して読み続けていると、いつのまにか有島ワールドにハマってしまいます。小説というのは少し読んでつまらないと思ってもブン投げずに我慢して読み続けることも大切だと思います。途中から俄然面白くなってくることがあります。

有島武郎の小説でも「生れ出づる悩み」を読んだときは「くだらん」と思ったのですが、「或る女」はいいです。自分らしく生きようとして、何が自分らしいのかわからなくて、結局は肉欲に溺れて滅びていった「新しい女」の物語です。でも、ポルノ小説ではありません(残念?)。

「或る女」のヒロイン早月葉子は、ちょうど夏目漱石の「三四郎」に出てくる里見美禰子をさらに過激にしたような美女です。「三四郎」の里見美禰子はあくまでも常識の範囲内で男心を翻弄しますが、「或る女」の早月葉子はその美貌を武器に「常識なんてくそくらえ」とばかりに男を狂わせて暴走します。自由奔放な生き方に俗世間から道徳的な非難を浴びせられれても、道徳の背後に潜む偽善を鋭く見抜いていて、むしろ俗世間の非難に快感を感じるような反道徳的女です。よく言えば情熱的、悪く言えば淫乱です。

夏目漱石の「三四郎」を読み、近松秋江の「狂乱」を読み、徳田秋声の「あらくれ」を読んで、しかる後に有島武郎の「或る女」を読むと、「或る女」という小説が桁外れの傑作であるということが実感できます。

「或る女」は前編と後編に別れていますが、大正8年に発表された後編には夏目漱石の「明暗」などの影響が色濃く感じられます。しかし、前編にあたる「或る女のグリンプス」は明治44年から大正2年にかけて発表されています。あくまでも個人的感想ですが、夏目漱石が衒学趣味的な愚作や勧善懲悪的な駄作を脱却して人間のエゴイズムと本格的に格闘する大作家に大化けしたのは、ひょっとすると有島武郎の存在が影響していたかもしれません。実際そうではなくても、そう思わせるくらい「或る女」という小説には存在感があります。

ネットで調べたところ、有島武郎が漱石の門下生などが集まる木曜会のメンバーであったことは確認できました。しかし、漱石と武郎にどの程度の交流があったのか、またお互いがお互いをどのように評価していたのかはよくわかりませんでした。

「或る女」のヒロイン早月葉子には佐々城信子(国木田独歩の離婚した元妻)という実在のモデルがいたそうです。作中に登場する木部や古藤もそれぞれ国木田独歩と有島武郎がモデルなんだそうです。でも、そんなことは100年後にこの小説を読む読者にとってはどうでもいいことです。「或る女」を読んでいると、妄想と現実の狭間で身も心もボロボロになっていく早月葉子に有島武郎が憑依しているのではないかという印象を受けます。あと一歩で発狂するか自殺するかしかないという瀬戸際の心理描写には鬼気迫るものがあります。早月葉子はまさに作者自身の凄惨な自画像です。「早月葉子はおれ自身だ!」という悲痛な叫びが聞こえてくるようです。

「或る女」は間違いなく近代文学における屈指の名作です。こんな名作がほとんど読まれることがないというのはまことに残念です。未読の人には是非おススメです。日本の純文学も捨てたものではありません(ただし好き嫌いはあるかもしれない)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月 3日 (木)

泉鏡花の「婦系図」を読む

「婦系図」は原作の小説よりも芝居や映画のほうが面白いといわれている不思議な作品です。でも、小説の「婦系図」も実際に読んでみると江戸情緒が漂っていてドラマチックでかなり面白いです。ただ、取って付けたような復讐物語的な結末が何だかメチャクチャな感じで興醒めがします。せっかく面白かったのに・・・。
この小説は、結末を書かないで病床のお蔦が臨終を迎えるあたりでぶった切るようにして終わってしまえばよかったのではないかと思います。そうすれば読者から「続きを書け!」の大合唱が起きたと思います。いくらリクエストされても断固拒否して、「ラストは自分で考えろ」とばかりに筆を折ってしまえば、「芝居や映画のほうが面白い」と揶揄されることもなかったと思います。それどころか、提示されないラストに読者の思いは千々に乱れて、百家争鳴の世紀の大傑作になっていたかもしれません。

小説の「婦系図」は荒削りで突っ込みどころが満載ですが、それなりに面白いので読んで損はない小説だと思います。時代背景の違いによる感覚のずれは如何ともしがたいですが、主税に恋心を抱くお妙の描写は感動的です。かなり力が入っています。お妙のイメージが鮮烈で突出しているため、お蔦のイメージが霞んでしまっています。その後、芝居や映画などでお蔦と主税の湯島境内の別れの場面が挿入されたのは、そうでもしないと物語全体のバランスがとれなかったのかもしれません。

 「分かれろ切れろは芸者の時に言う言葉。今のわたしにはいっそ死ねと言って」

この名セリフで有名な、お蔦と主税の湯島境内の別れの場面は小説にはありません。小説ではふたりの別れは実にあっさりとしています。

いろいろ調べていて、1942年(昭和17年)に「婦系図」が映画化されたときの主題歌「湯島の白梅」(佐伯孝夫作詞)というのを発見しました。

1 湯島通れば 思い出す
  お蔦主税の 心意気
  知るや白梅 玉垣に
  残る二人の 影法師

2 忘れられよか 筒井筒
  岸の柳の 縁結び
  堅い契りを 義理ゆええに
  水に流すも江戸育ち

3 青い瓦斯灯 境内を
  出れば本郷  切り通し
  あかぬ別れの 中空に
  鐘は墨絵の 上野山

最初の「湯島通れば 思い出す」の部分はかすかにどこかで聞いた記憶があります。しかし、この歌が映画化された「婦系図」の主題歌だったとは初めて知りました。歴史のある名作は奥が深いです。

 ♪ 義理と人情を秤(はかり)にかけりゃ義理が重たい男の世界~

この歌は「婦系図」とは関係ありません。高倉健の「唐獅子牡丹」でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »