« 福沢諭吉の「学問のすすめ」を読む・その2 | トップページ | 尾崎紅葉の「金色夜叉」を読む・その1 »

2008年2月26日 (火)

福沢諭吉の「学問のすすめ」を読む・その3

「学問のすすめ」の中で次のような明治の世相が紹介されていました。

三井大丸の品は正札にて大丈夫なりとて品柄も改めずしてこれを買い、馬琴の作なれば必ず面白しとて表題ばかりを聞きて注文するもの多し。

三井、大丸は当時の高級呉服店です。正札というのは掛け値なしの定価(希望小売価格)のことです。馬琴は「南総里見八犬伝」で人気があった江戸時代の戯作者です。

さて、三井大丸の正札販売や馬琴の人気を引き合いに出して福沢諭吉は何を論じようとしたのでしょうか?

1.ブランド力の大切さを説いた
2.イメージを利用した安易な商売を批判した
3.学問のない愚かな購買行動を戒めた

正解は1です。間違えた人は「学問のすすめ」を読みましょう。

「郷に入っては郷に従え」ということわざがありますが、市場原理を重視した新自由主義が国是となりつつある今日の日本の社会状況と福沢諭吉の「学問のすすめ」は非常に相性がいい気がします。「くだらん」と言ってしまえばそれまでですが、「学問のすすめ」は競争社会を勝ち抜くためのハウツー本という側面もあると思います。厳しい格差社会で負け組になりたくないと考えている青少年のための必読書かもしれません。

ただし、阿鼻叫喚の世の中に愛想が尽きて隠者になった人(たとえば永井荷風)には無用の本だと思います。

|

« 福沢諭吉の「学問のすすめ」を読む・その2 | トップページ | 尾崎紅葉の「金色夜叉」を読む・その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/10777463

この記事へのトラックバック一覧です: 福沢諭吉の「学問のすすめ」を読む・その3:

« 福沢諭吉の「学問のすすめ」を読む・その2 | トップページ | 尾崎紅葉の「金色夜叉」を読む・その1 »