« 織田作之助の「猿飛佐助」を読む | トップページ | 浅野妙子の「ラスト・フレンズ」を観る »

2008年5月25日 (日)

07年版 女が選ぶ嫌いな女ワースト10

最近、街を歩いていると、ひと頃に比べて太った女性が増えてきたのではないかという気がします。甘ったるいドーナツ屋に長蛇の列ができたり、メガ丼やメガバーガーが登場したり、世の中のトレンドが変わってきているのかもしれません。モテるモテないはともかくとして、同性に嫌われないためには太ってしまうのが早道です(例外もある)。あるいは、太っていてもモテる人はモテるということになれば、無理に痩せる必要もないということになります。

さて、ちょっと古い話になりますが、週刊文春が去年の11月8日号で、「女が嫌いな女」ランキング(2007年版)を発表しました。ワースト10は以下の通りでした。

 1 沢尻エリカ (圏外)
 2 細木数子  (1)
 3 和田アキ子 (3)
 4 神田うの  (8)
 5 西川史子  (8)
 6 久本雅美  (18)
 7 田中真紀子 (圏外)
 8 工藤静香  (20)
 9 さとう珠緒 (2)
10 長澤まさみ (圏外)

( )内は昨年の順位

こういうのは忘れた頃に眺めると風情があります。沢尻エリカが圏外から堂々の第一位になっているのは、そういう時期だったんですね。一昨年はさとう珠緒が集中的に嫌われたようです。全体的にほぼ納得のランキングですが、工藤静香と長澤まさみはちょっと気の毒な気がします。今年は誰が嫌われることになるのか半年後が楽しみです(悪趣味?)。

|

« 織田作之助の「猿飛佐助」を読む | トップページ | 浅野妙子の「ラスト・フレンズ」を観る »

コメント

はじめまして、最近、むぎさんのブログを発見して楽しく拝見しております。さて、この女性のワースト10は何か共通点はあると思いますか?だけどみんなから支持される女っていうのもつまんねぇナ。

投稿: 青むし | 2008年5月26日 (月) 12時40分

青むしさん、コメントありがとうございます。

1.愛嬌のない高飛車な女(高飛車でも愛嬌があればよい)
2.ぶりっ子で幸せそうな女(ぶりっ子でも薄幸ならよい)

イメージとしてこの二つのタイプが嫌われるのだと思います。まあ、目立つから嫌われるのであって目立たなくなって嫌う値打ちもなくなってしまったらタレント稼業は商売上がったりです。嫌われるということはそれだ存在感があるということかもしれませんね。

投稿: むぎ | 2008年5月27日 (火) 09時01分

お答え下さってありがとうございました。なるほどね。やっぱり芸能界は目立ってなんぼの世界でしょうね。好きになってくれてありがとう!嫌ってくれてありがとう!めでたし、めでたしということですかね。それではまた。

投稿: 青むし | 2008年5月28日 (水) 18時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/21167919

この記事へのトラックバック一覧です: 07年版 女が選ぶ嫌いな女ワースト10:

« 織田作之助の「猿飛佐助」を読む | トップページ | 浅野妙子の「ラスト・フレンズ」を観る »