« 浅野妙子の「ラスト・フレンズ」を観る | トップページ | 浅野妙子の「ラスト・フレンズ」はどうなるか? »

2008年5月31日 (土)

最近の笑ってしまったニュース

知らない女、天袋に住み着く!? 住居侵入容疑で逮捕 粕屋署
5月29日7時7分配信 西日本新聞

 押し入れの中に、見ず知らずの女が住み着いていた!? 福岡県警粕屋署は28日、同県志免町の男性(57)宅に忍び込んだとして、住居侵入の現行犯として住所不定、無職堀川タツ子容疑者(58)を逮捕した。押し入れ内の天袋にマットレスを持ち込み、生活までしていたという。

 同署によると、男性は1人暮らし。以前から家の食べ物がたびたびなくなることを不審に思い、人影に反応すると画像が携帯電話にメールで送られる仕組みの警報装置と監視カメラを室内に設置。この日午後2時すぎに外出すると、十数分後に不審者が写った画像を受信した。男性の110番通報で署員が駆け付け、天袋に隠れていた堀川容疑者を発見。午後3時10分ごろ現行犯として逮捕したという。いつから、なぜ住み始めたのか調べている。

=2008/05/29付 西日本新聞朝刊=

「以前から家の食べ物がたびたびなくなることを不審に思い」というのがいいですね。殺伐とした事件が多い中で、こういうほのぼの(?)とした事件は貴重です。被害者が訴えなければ罪にならないと思うので、「二度とするなよ」ということで許してあげましょう。親戚か知り合いだったのではないでしょうか。

笑えるニュースと言えば、こんなのもありました。

フリーダイヤル500回 「女性の声で興奮」男を逮捕
5月26日7時50分配信 産経新聞

 自動音声で女性の声が流れるフリーダイヤルに約500回も電話をかけていた男が25日、群馬県警高崎署に偽計業務妨害の疑いで逮捕された。男は女性と会話するのが苦手だったといい、調べに対し、「自動音声ガイダンスの女性の声を聞きたかった」と容疑を認めている。

 逮捕されたのは、東京都西東京市新町、配管工、野本浩幸容疑者(38)。

 調べでは、野本容疑者は平成17年7月から18年11月にかけて、約500回にわたり、母親名義などの携帯電話から高崎市内の食品製造販売会社の通信販売用フリーダイヤルに電話をかけ、同社に約3100時間分の通話料金約380万円の損害を与え、業務を妨害した疑い。

 通話時間は1日最大十数時間に上り、野本容疑者は「ガイダンスの音声を聞くと興奮する」などと供述。「他にも4、5社のフリーダイヤルに電話していた」と余罪をほのめかしており、同署で追及している。

 同署は当初、嫌がらせ目的の犯行とみて捜査していたが、事情聴取の結果、「自己満足」の犯行だったことが判明。署員は「初めてのケースで理解できない」とあきれている。 

最終更新:5月26日7時50分

約16ヶ月間で3100時間ということは、1ヶ月平均で200時間弱、1日平均6時間超です。1日6時間超というのは1日だけでもすごいですが、このペースをを16ヶ月間維持していたというのが驚きです。逮捕されていなければどこまで続けていたか・・・世の中には不思議な人がいたものです。
結果的に業務妨害になったとしても、フリーダイヤルというシステムを利用しただけでこれを犯罪といえるのかちょっと疑問です。厳重注意で不起訴処分ではないでしょうか。そにしてもなぜもっと早く手を打たなかったのでしょうか。放置していた方にも落ち度があると思います。

|

« 浅野妙子の「ラスト・フレンズ」を観る | トップページ | 浅野妙子の「ラスト・フレンズ」はどうなるか? »

コメント

粕屋の事件はなんと私の住む隣町の事件です。ローカル色に染まったほのぼのとした事件です。ちなみに私の会社の人も昔、これと似たような事に遭遇したそうです。むぎさんは九州には馴染みがありますか?

投稿: 青むし | 2008年6月 2日 (月) 12時31分

わたしは神奈川県の郊外に住んでいます。湘南の奥座敷と呼ばれている地域です。残念ながら九州とはあまり馴染みがありません。福岡県志免町のローカルニュースが目にとまったのはまったくの偶然です。それにしても青むしさんの地元(の隣り)の事件だったとは驚きです。妙な偶然もあったものです。

今後ともご贔屓に。

投稿: むぎ | 2008年6月 3日 (火) 09時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/21303721

この記事へのトラックバック一覧です: 最近の笑ってしまったニュース:

« 浅野妙子の「ラスト・フレンズ」を観る | トップページ | 浅野妙子の「ラスト・フレンズ」はどうなるか? »