« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月27日 (日)

中村光夫の「二葉亭四迷伝」を読む

講談社文芸文庫創刊20周年記念アンコール復刊ということで、中村光夫の「二葉亭四迷伝」が復刊されました。けっこう貴重な本だと思います。

二葉亭四迷の小説家としての経歴は実にあっさりしています。

明治20年(1887年)24歳 6月「浮雲」第一編を金港堂より出版。
明治21年(1888年)25歳 2月「浮雲」第二編を金港堂より出版。
明治22年(1889年)26歳 7月より「浮雲」第三編を「都の花」に連載、未完。
明治37年(1904年)41歳 3月、大阪朝日新聞東京出張員となる。
明治39年(1906年)43歳 10月10日より「其面影」を東京朝日新聞に連載、未完。
明治40年(1907年)44歳 10月30日より「平凡」を東京朝日新聞に連載、未完。

以上で終わりです。二葉亭四迷が書いた小説は20代の頃の「浮雲」と40代になってからの「其面影」、「平凡」の3作しかありません。しかも3作とも未完です(「あひびき」「めぐりあひ」などの作品もありますが、これは翻訳です)。

20代の頃に坪内逍遥の指導の下に書いた「浮雲」を未完のまま放り投げて、その後は役所勤めをしたり、外国語学校でロシア語を教えたり、実業に興味を持って中国大陸に渡ったり、小説(=創作活動)とは無関係の生活を送りました。

二葉亭四迷はもともとは軍人になりたかったらしいのですが、士官学校の試験がどうしても受かりませんでした(極度の近視が禍したのか3回受験して3回とも不合格)。方針を変更して19歳で東京外国語学校に入学し、ロシア語の勉強を始めました。ロシア語を学ぶ過程でロシア文学に詳しくなってしまうのですが、あくまでもロシア語のマスターが目的であって特に文学に興味があったわけではなかったようです。

二葉亭四迷は40代になってから大阪朝日新聞社に入社して再び小説を書き始めますが、これも本人の希望というよりは池辺三山(東京朝日新聞社主筆)の要請に応じて浮世の義理からやむをえず書いたといった感じです。本人は翻訳かあるいはジャーナリストとしての仕事がしたかったようです。

ロシア語が堪能だった二葉亭四迷は明治41年に朝日新聞社ロシア特派員としてペテルブルグに派遣されます。なにはともあれこれで小説を書かなくてすむと喜んだのも束の間、翌年(明治42年)にペテルブルグの地で肺結核に罹り、帰国途上のベンガル湾洋上で死んでしまいました。享年46歳(数えで)。

「文学において失敗者として終わったように、政治家としても実業家としても新聞記者としても教育家としてもついに見るべき業績を残さなかった」二葉亭四迷ですが、同時代の夏目漱石や森鴎外に成功者の胡散臭さを感じたら、決して成功することのなかった二葉亭四迷の人生に思いを馳せてみるのもいいかもしれません。松ケンのキャッチコピーではないけれど、

  人間をさぼるな

この精神が二葉亭四迷の人生には貫かれています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月23日 (水)

「反貧困」(湯浅誠著・岩波新書)を読む

日本国憲法第25条には

  「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」

と明記されています。

この日本国憲法の精神に則って日本には生存権を保障する様々なセーフティネット(労働三法,最低賃金法、各種社会保険など)が設けられています。究極のセーフティネットとして公的扶助(生活保護)もあります。したがって日本には深刻な貧困問題は存在しません。

これが厚生労働大臣の見解であり、内閣総理大臣の見解であり、したがって日本国政府の見解であるとすれば、

    ふざけるんじゃねえ!

と異議申し立てをしているのがこの「反貧困」という本だと思います。反貧困というのは生活困窮者が救われる社会を目指す貧困撲滅運動のようなものだと思います。著者の湯浅誠氏は1995年からホームレスの支援活動に関わってきたそうで、2001年からはホームレスに限らず生活困窮者に対する生活相談(NPO法人自立生活サポートセンター・もやい)も始めました。支援活動を通じで年々ひどくなっていく日本社会の貧困化を肌で感じているようです。また貧困の広がりを裏付けるような各種統計データも本の中で紹介されています。

湯浅誠氏によれば、

憲法25条で定める「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利」は単なる御題目ではない。憲法25条の具体化として生活保護法があり、生活保護法にしたがって厚生労働大臣告示で毎年生活保護基準が改訂されている。世帯ごとに、10円単位まで最低生活費が決められている。それが、憲法25条に基づいて国が一つ一つの世帯に保障している金額、「これを下回ったら国が責任を持つ」と宣言している金額である。

にもかかわらず現実はどうかというと、

生活保護基準以下で暮す人たちのうち、どれだけの人たちが生活保護を受けているかを示す指標に「捕捉率」がある。政府は捕捉率調査を拒否しているが、学者の調査では、日本の捕捉率はおおむね15~20%程度とされている。20%として約400万世帯600万人、15%とすれば約600万世帯850万人の生活困窮者が生活保護制度から漏れている計算になる。

まさしく「ふざけるんじゃねえ!」といった感じだと思います。

1.何らかの理由で生活保護基準が下げられない
2.高い生活保護基準を維持しようとすると予算の関係で捕捉率を下げざるをえない
3.そこでメチャクチャな水際作戦が展開される
4.生活困窮者のなかで生活保護制度を利用できる人と利用できない人が出てくる

現実的にはこういう流れになっていると思います。捕捉率15~20%程度でも政府が負担している生活保護費は毎年約2兆円です。かりに政府が本気で貧困対策に取り組んだとすると、毎年10兆円をこえる対策費(≒生活保護費)が必要になってくると思います。10兆円というのは、道路特定財源の約2倍の規模、消費税に換算すると約5%です。

憲法違反と非難されても政府としては貧困問題から目を背けて耐えるしかありません(そんな財源どこにあるんだ)。

「反貧困」という本には、生活困窮者にためにいろいろ相談にのってくれる団体の連絡先が載っています。お上に相談するよりも頼りになるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月17日 (木)

角川文庫の夏の文庫フェア

松山ケンイチのキャッチコピーは何種類あるのでしょうか?

●参考書は参考にしかならない。

●悩め。

●人間をさぼるな。

●読みたくなるまで
 遊んでろ。

●自分の頭で考えろ。

●ゴールしたつもりか?

●お前の言葉は本物か。

●一線をこえろ。

●そんなの言わせとけ。

●文句は自分に言え。

●合わせていると小さくなるぞ。

●愛を、法律に。

●で、その答え、合ってるの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月10日 (木)

最近テレビで見かける変な人・DAIGO

おバカキャラがこれほど似合う人も珍しいです。真面目なんだかふざけているんだかわけがわかりません。竹下登の孫だそうです。元総理の孫ということでDAIGOと接する人に無意識の遠慮のようなものがあります。その微妙な空気が面白いです。

DAIGOのタメ口やマナーの悪さについて文句をいう人もいますが、本職はロックシンガーだそうです。ロックンローラーは突っ張るのが仕事です。言葉遣いやマナーについては意識的に反逆児を気取っているのだと思います。性格が素直そうなので、「ロックンローラーはこうでないといけないんだぞ」と教えられると、真面目にその方向で努力してしてしまうのではないでしょうか。なんだかんだ言われて礼儀正しいロックンローラーになってしまわないように注意してもらいたいです。

1ヶ月前の日刊ゲンダイにこんな記事がありました。

どうにかならないか!? DAIGOに群がる芸能人
6月14日10時0分配信 日刊ゲンダイ

 竹下登元首相の孫でロックミュージシャン――。これが売りで注目のDAIGO(30)に女どもがわれもわれもと擦り寄っているという。
 DAIGOは竹下元首相の次女の息子で、本名は内藤大湖。イケメン風だが、バラエティーなどで一度でも話を聞くと、タメ口のトロいしゃべりにイライラさせられる。
 たとえば“竹下ネタ”は「金髪に染めた時にィ~。おじいちゃん(竹下元首相)、超ブルー入っちゃってぇ~。それでブルーに染めたら何も言わなくなっちゃって……笑ってた。その後、赤とか青とかオレンジとか染めたらどんどん溝が深まっちゃって……、そのまま他界しちゃって」。
 最近は番組で竹下元首相とのツーショット写真を持参したり、子供のときに小渕恵三元首相がお年玉を5万円もくれたので、今もリスペクトしているといった自慢話をタラタラやっている。
 そんな歌手としてもタレントとしても未知数で今後、不評も買いそうな男を一部がチヤホヤしているのだ。TVスタッフに頼んで食事をしたうつみ宮土理、自分の番組にゲスト出演させてセレブ扱いした久本雅美、デートを熱望している西川史子、ファンと公言しているTBSの小林麻耶アナといった面々だ。
「DAIGOが出演すると、視聴率がアップするというので、秋以降、フジテレビの深夜番組のレギュラーに内定したという情報もある。これからバラエティーのゲスト出演も一気に増えます」(民放編成関係者)
 小泉元首相の息子・孝太郎に続き、今度は竹下元首相の孫だ。「彼は実績がほぼゼロ。久本やうつみは単に“首相”という肩書にひれ伏しているだけ」(芸能評論家・肥留間正明氏)というのはもっともな意見か。
 これからそんなタレントとDAIGOの番組に付き合わされるのはたまったものではない。

1ヶ月が経過して日刊ゲンダイも少し認識を改めているのではないでしょうか。 DAIGOには一瞬にしてその場の空気を変えてしまう不思議な魅力があります。ひょっとすると長嶋茂雄以来の「大物」かもしれませんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 7日 (月)

禁煙すると痰がでなくなります

禁煙を始めてから4週間が無事経過しました。まだ若干血液がニコチンを欲しがっているような気がしますが、深呼吸をして酸素を供給してやれば大丈夫です。ヤニで汚れたわが血液もそろそろニコチンと酸素の区別がつかなくなってきました。禁煙は6週間続けば成功するそうです。あと2週間です。体内の水分は6週間で入れ替わるといわれていますが、何か関係があるのかもしれません。

禁煙していてもタバコが特に嫌いなわけではないので、コーヒーショップなど、禁煙席でも喫煙席でも空いているほうを利用しています。時間帯によって、喫煙席が空いていたり反対に禁煙席が空いていたりします。空いているほうが選べるので便利です。

それから禁煙したおかげで痰がでなくなりました。タバコを吸っていたころは毎朝目が覚めると、「カーッ、ペッ!!」といった感じで、どす黒い痰のかたまりが出ていたのですがすっかり出なくなりました。気管支も快調なようです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年7月 2日 (水)

面白いテレビドラマの条件

毎週楽しみにしていた「ラスト・フレンズ」が終わってしまったのでなんとなく手持ち無沙汰です。ブログに何を書けばいいのかわからなくなってしまいました。そこで、つれづれなるままに面白い(≒高視聴率)連続テレビドラマの条件というのを考えてみました。

抽象的ですが、次回の展開が読めてしまったり次回の展開がどうなろうと興味がわかないようなテレビドラマは見ていて面白くないです。次回の展開が読めなくてかつどうしても気になるようなテレビドラマが面白いです。

結末については、予想外であっても奇を衒っただけでは説得力がありません。平凡で想定の範囲内というのもいけません。面白いと感じるのは、予想外でありながらなるほどそうかと納得させられるような結末です。なかなか難しいです。「ラスト・フレンズ」も終盤が何だかぐしゃぐしゃでした。最終回でやめておけばまだよかったですが、特別編でコケてしまいました。

それでも「ラスト・フレンズ」は呆れ返ってしまうほどの高視聴率だったようです。そこで「ラスト・フレンズ」の視聴率について考えてみました。

 旬な若手俳優の起用で      6%
 宇多田ヒカルの主題歌で     4%
 浅野妙子の脚本で         8%
 その他で               2%

合計20%です。こんなところだったのではないでしょうか。

同じく高視聴率ドラマの「CHANGE」についても考えてみました。

 キムタクの主演で         15%
 豪華キャストで             5%
 マドンナの主題歌で           1%
 その他で                 1%

合計22%です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »