« ハングル版・「つれづれ日記」 | トップページ | ハングル版「つれづれ日記」・その2 »

2008年11月 1日 (土)

「源氏物語千年紀」

紫式部の「源氏物語」の始まりはどんなふうだったかというと、

いづれの御時にか、女御、更衣あまたさぶらひたまひけるなかに、いとやむごとなき際にはあらぬが、すぐれて時めきたまふありけり。
はじめより我はと思ひ上がりたまへる御方がた、めざましきものにおとしめ嫉みたまふ。同じほど、それより下臈の更衣たちは、ましてやすからず。朝夕の宮仕へにつけても、人の心をのみ動かし、恨みを負ふ積もりにやありけむ、いと篤しくなりゆき、もの心細げに里がちなるを、いよいよあかずあはれなるものに思ほして、人のそしりをもえ憚らせたまはず、世のためしにもなりぬべき御もてなしなり。

今年は「源氏物語千年紀」ということで、各地で「源氏物語」にまつわるイベントが盛んです。

|

« ハングル版・「つれづれ日記」 | トップページ | ハングル版「つれづれ日記」・その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/24931088

この記事へのトラックバック一覧です: 「源氏物語千年紀」:

« ハングル版・「つれづれ日記」 | トップページ | ハングル版「つれづれ日記」・その2 »