« 裁判員制度は憲法違反である? | トップページ | 岡野宏文と豊崎由美の対談集「百年の誤読」を読む »

2008年12月 7日 (日)

「風のガーデン」と総選挙

こんな記事を見つけました。

2008年12月4日(木)21時38分配信 時事通信

 自民党の杉村太蔵衆院議員(比例代表南関東ブロック)は4日夜、札幌市内のホテルで記者会見し、次期衆院選に北海道1区から出馬する考えを表明した。同党は同選挙区で新人の長谷川岳氏の公認を内定しているが、杉村氏は「どういう形になれ、最終的には国民の審判を受ける」と述べ、自民党の公認が得られない場合は無所属でも立候補する考えを示した。

注目したいのは小泉チルドレンの杉村太蔵氏ではなく北海道1区で自民党の公認が内定しているという長谷川岳氏です。「岳」という名前が気になって調べたところ、この人は学生時代に「YOSAKOIソーラン祭り」を創設した人だそうです。

テレビドラマ「風のガーデン」に「YOSAKOIソーラン祭り」が出てきました。そして主人公・白鳥貞美(中井貴一)の息子の名前が「岳」です。何も知らずにドラマを見ていましたが、もし「風のガーデン」の放映中に衆議院が解散されて総選挙ということになっていたら、「風のガーデン」というテレビドラマが選挙期間中に特定の候補を応援する形になっていたと思います。こういうのが公職選挙法違反に問われるかどうかわかりませんが、単なる偶然とは考えにくいです。むしろ総選挙があることを意識して「YOSAKOIソーラン祭り」を「風のガーデン」に組み込んだような気がします。何か嫌な感じです。変な政治色を持ち込まれるとせっかく面白かったテレビドラマが興ざめになります。がっかりです。

|

« 裁判員制度は憲法違反である? | トップページ | 岡野宏文と豊崎由美の対談集「百年の誤読」を読む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/25984530

この記事へのトラックバック一覧です: 「風のガーデン」と総選挙:

« 裁判員制度は憲法違反である? | トップページ | 岡野宏文と豊崎由美の対談集「百年の誤読」を読む »