« 「かんぽの宿」1万円の例も | トップページ | 遠近両用メガネは眼鏡市場がお得です »

2009年1月30日 (金)

不動産業者、6000万円で転売=1万円の「かんぽの宿」

1月29日21時1分配信 時事通信

 2007年3月、旧日本郵政公社から鳥取県岩美町の「かんぽの宿」を土地代を含め1万円で購入した東京の不動産開発会社が、半年後に鳥取市の社会福祉法人に6000万円で転売していたことが29日分かった。民営化を控えた郵政公社が、年間2670万円の営業赤字(05年度)を出す不採算施設として売り急いだ結果、買い手企業に短期で巨額の利益をもたらした格好だ。
 建物は1億円以上をかけて改修され、現在は老人ホームになっている。関係者によると、この社会福祉法人は設立に際し、閉鎖されるかんぽの宿を取得しようとしたが、既に他施設と一括で売却されることが決まっていた。このため、仲介業者を通じて売却先の不動産開発会社と交渉し、6000万円で引き取ることで合意。関係者は「郵政公社が1万円で売却したとは知らなかった」と話している。 

郵政公社から1万円で買った施設を6000万円で転売して東京の不動産開発会社が巨額の利益を得たというニュースですが、要するに郵政公社が直接売ったとしても高々6000万円程度でしか売れなかったということだと思います。郵政公社がこの社会福祉法人に直接売ればよかったというのは結果論です。待っていれば(あるいは探せば)こういう買い手が必ず見つかるという保証はありません。

|

« 「かんぽの宿」1万円の例も | トップページ | 遠近両用メガネは眼鏡市場がお得です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/27599203

この記事へのトラックバック一覧です: 不動産業者、6000万円で転売=1万円の「かんぽの宿」:

« 「かんぽの宿」1万円の例も | トップページ | 遠近両用メガネは眼鏡市場がお得です »