« 「軍師 直江兼続」(坂口安吾ほか・河出文庫)を読む | トップページ | テレビドラマ「赤い糸」・第5話を観る »

2009年1月17日 (土)

ビックカメラとライブドア事件

<ビックカメラ>最終利益21億円の赤字 08年8月期
1月16日20時25分配信 毎日新聞

 家電量販店大手のビックカメラは16日、08年8月期連結決算を訂正したと発表した。池袋本店ビルなどの売買を巡り、証券取引等監視委員会から不適切な会計処理があったとの指摘を受け訂正した。その結果、最終(当期)利益は41億円の黒字から21億円の赤字に転落する。東京証券取引所は同日、決算訂正を受けてビックカメラ株を監理銘柄に指定した。

 ビックカメラは02年8月、本店などを特別目的会社(SPC)にいったん売却し、07年10月に買い戻した取引などで08年8月期に62億円の利益を計上した。しかし、監視委からSPC側に出資していた豊島企画(東京都渋谷区)が、ビックカメラの関連会社に該当し、グループ内取引にあたるとの指摘を受け、利益計上を取り消した。04年8月期までさかのぼって決算訂正することも併せて発表した。【小倉祥徳、森禎行】

こういう記事を読むと、2006年の「ライブドア事件」がいかに捏造された事件であったかがわかります。物事には順序というものがあります。不適切な会計処理ぐらいでいきなり東京地検特捜部が強制捜査に乗り出すなどというのは普通はありえないです。しかも起訴された挙句に実刑判決だなんて、検察と裁判所がグルでなければライブドア事件のような悲劇的(喜劇的?)判決ははありえなかったと思います。検察は「不適切な会計処理」をさも大事件であるかのようにでっち上げて見込み違いの強制捜査を正当化したんですね。正義の味方もへったくれもあったものではありません。あきれたものです。

|

« 「軍師 直江兼続」(坂口安吾ほか・河出文庫)を読む | トップページ | テレビドラマ「赤い糸」・第5話を観る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/27217384

この記事へのトラックバック一覧です: ビックカメラとライブドア事件:

« 「軍師 直江兼続」(坂口安吾ほか・河出文庫)を読む | トップページ | テレビドラマ「赤い糸」・第5話を観る »